カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » アニメ » 「天気の子」に「君の名は。」を期待して観に行ったら期待外れだった件。

「天気の子」に「君の名は。」を期待して観に行ったら期待外れだった件。

2019/07/20 00:08 | アニメ | コメント(0)

映像はすごくきれいでした。
特に最近の新海作品「言の葉の庭」「君の名は。」で定評のある「雨」の描写が、「天気の子」ではさらに進化しているのがはっきりと感じられました。

音楽も最高でした。
「君の名は。」に続き「天気の子」でも新海監督とRADWIMPSが手を組んでいましたが、文句のつけようのないクオリティでした。

ご多分にもれずこの作品でもプロ声優じゃない有名人が主役級の声に起用されていますが、
それほどプロ声優との違いについては気にはならなかったかな。

ギャグシーンは無い方が良かったかも。
全体的に暗め重めな内容の中で、突如として視聴者の笑いを取りに行くギャグシーンが何ヶ所か挿入されていましたが、そこだけ浮いているというかテンポが悪くなっている感じがしましたので。

(おそらく制作スタッフが意図しているのと意図していないのと両方あると思うのですが)
大雨による災害の他にもタイムリーな時事ネタがいくつも盛り込まれていたのも今作の特徴だと思います。
(〇〇から逃走するシーンとかタイムリー過ぎて)

映像がすごくきれいで、音楽も最高で、有名人声優の演技も予想していたほど悪くはなかった。
新海作品のファンなら思わずニヤリとしてしまうシーンもたくさんあった。

じゃあなんで期待外れなのかというと、登場人物(の行動目的)に共感・感情移入できないまま物語が進んでいき、作中の天気のようなスッキリしない終わり方をしてしまったのが大きいと思われます。
それまで主人公とヒロインが晴れ女の活動をして多くの人達に喜んでもらっていたのを、全否定したかのようなあの終わり方はないだろうと。

私もそうですが、君の名は。のようなカタルシスとハッピーエンドを期待して観に行った人にとっては、肩透かしもいいところなんじゃないでしょうか。

コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 59話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント6巻:8月16日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2019年8月29日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月15日(日)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ