カレンダー(月別アーカイブ)

06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » アニメ » TVアニメ版盾の勇者の成り上がり第23話「カルミラ島」の感想

TVアニメ版盾の勇者の成り上がり第23話「カルミラ島」の感想

2019/06/16 21:45 | アニメ | コメント(0)

次回のサブタイトルが「異世界の守護者」って、ラルクとテリスはやっぱり(この世界とは別の)異世界の勇者とその仲間なのかな。

とても異世界人とは思えない位に二人共いい人達(ラルクは尚文にとって頼れる兄貴分的な感じで接してくれていたし、テリスもラフタリアと仲良さげに話していたし)だったので、尚文達とラルク達が殺し合うところは見たくないのですが。

ぶっちゃけラルクとテリスがデキているのかどうか気になったのは俺だけではないはず←
もしグラスも仲間だったらまさかの三角関係とか!?

ちなみにもし尚文達があの龍刻の砂時計を見つけていなかったら波は起きなかった!?それとも見つける見つけないに関わらず波は起きちゃうものなの!?

あとやっぱフィトリアたんの水着姿は実現しなかったか…すごく残念。

それでもフィーロの水着姿が俺の想像以上に天使だった件。
元康がフィーロたんフィーロたん言っている気持ちがちょっとだけ理解できた気がする←

でもうーんラフタリアの水着姿はどうなんだろう…
たしかに可愛いっちゃあ可愛いんだけど、あんまりこう性的な意味ではドキドキしないんだよなあ。
(それよりも水着のしっぽのところがどういう構造になっているかの方が気になる件)
あいかわらずの尚文の鈍感っぷり&ラフタリアの報われなさっぷりはさすがに可哀想ではありましたが。

尚文は行商人に宝石細工に料理と、勇者を辞めても十分やって行けるような気がする。あれだけ色々できてうらやましい。

コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 53話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント5巻:6月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2019年6月11日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は7月17日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ