カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2019/06│≫ 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » オリエント » オリエント 第47話「紫龍城」の感想

オリエント 第47話「紫龍城」の感想

2019/05/29 06:43 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

今回みちる姫の出番が無かった…

武蔵達が不審者扱いされている時も助けに来てくれなかったけど、みちる姫達は一足先に播磨の港に行ってるんじゃなかったの…!?

今回はじめて海を見た時もそうですが、オリエントにはこういう冒険活劇らしいドキドキワクワク感(未知の驚き)が詰まっていていいなと思いました。マギの時はどちらかといえば冒険よりも戦争ばっかりやってた印象が強いので…

武蔵やつぐみたちのはしゃぎっぷりがまたいいですよね。武蔵とつぐみが仲良しっぷりを見せつけてくれていましたが、この調子だとお互いを異性として意識するようになるのはまだ当分先なのかなとも。

最初に上杉のお殿様の花押入りの絵巻物を見せていれば、上杉連合の武蔵達に対する扱いも変わっていたかもしれないのに…

口ピアスつええ。やっぱ主人公のライバルキャラ(になりそうな人)が登場すると盛り上がりますよね。

ついにヘリコプター型の鬼鉄騎まで…どうやってこの時代でそんなもんを作れたのかが気になるんだけど…!?

武田出やがったな。この作品では上杉と武田が共闘してるのか…!?

No title
私は小次郎の親父さんは上杉のお殿様の腹心でお殿様の密命(特命)を受けて黒の組織に潜り込んでいたスパイじゃないかと思っているのですが、色々と想像が膨らみますよね。
今のところはたしかに武田と上杉が共闘する流れになっていますが、ここでもまさか手柄を横取りするなんてことは…
[ 2019/06/09 23:22 ] [ 編集 ]
みちる姫は引きこもり中
武蔵とつぐみのはしゃぎっぷりに和みました。あと二人の大親友とご落胤妄想も楽しい。
私はもしかしたら親父さんと上杉が大親友だった可能性もあるのかもと思っていましたが、本当はどうなんでしょうね。
武田が上杉のところに来たのは、鬼神を倒すための同盟かな。全ての武士団は最終的には自分が天下を取りたいと思っているのでしょうが強大な敵がいる間は協力関係が必要なのでしょう。
[ 2019/06/04 20:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ