Top Page › 異世界転生 › 盾の勇者の成り上がり › TVアニメ版盾の勇者の成り上がり第18話「連なる陰謀」の感想

TVアニメ版盾の勇者の成り上がり第18話「連なる陰謀」の感想

2019-05-09 (Thu) 05:41

今回はパーティー戦が見応えがありました。

尚文達を心配そうな表情で見送るフィトリアたんもかわええ…

先日発売したあたしが隣にいるうちにをiTunesで購入しました。
TVアニメEDでは1番のラフタリア視点の歌詞のみ流れていますが、CD(ダウンロード版)にはその後の尚文視点の歌詞も収録されていているので、アニメEDで心揺さぶられた方は購入することをおススメします。

(新しい馬車が手に入って)フィーロがご機嫌だと見ているこっちまで楽しい気持ちになってくるんですよね。

フィトリアたんにお願いされて、槍の勇者…元康とは仲良くしないといけないということは、もれなくあのくそビッチ…マインも漏れなくついてくるということなんですよね。

どう考えても元康は尚文達よりもマインの言うことを信じているので、説得は困難極まりないだろうなあと思っていたら案の定でしたし。どうにか元康のそばからマインだけ排除…遠ざけることはできないかとも思ったけどやっぱ無理なんだろうなあ…(洗脳の盾とかそんなものが本当に実在したらちょっと欲しいと思ってしまったのは内緒にしておいてください←)

それにしてもあのくそビッチマジでムカつくんだけど。ぶっ殺すとまではいかなくてもせめて顔面フルボッコ位はしないととても気が済まない気がする。

とか考えていたら、マインも他の四聖勇者達も三勇教に切り捨てられていてちょっと笑ってしまいそうになりました。

っていうかあんな強力な攻撃魔法が使えるんだったら、三勇教が自分達で波と戦えよと言ってやりたい。

尚文はちゃんとフィトリアたんの約束を守って他の勇者…元康と仲直りしようとしたんだから、ここはフィトリアたんが助けに来てくれてもいいような気がする。

広告

Comments






非公開コメント