カレンダー(月別アーカイブ)

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » オリエント » オリエント 第42話「この道の先に」の感想

オリエント 第42話「この道の先に」の感想

2019/04/17 20:16 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(0)

武蔵が二度目の挑戦で見事刀の試しに成功して、小次郎は何だかんだ言いながらも(ある意味団長らしいともいえる)しっかり者なところを見せてくれて、なんだかいい感じになってきたんじゃね?

それにしても武蔵自身の魂の色は赤だったか…(前回は白黒ページなので色までわからなかったんですよね)

黒曜の女神の宿主なうえに、武蔵自身の魂も特別な強力の色とか、小次郎がモヤアっとするのも無理ないわけだ。

みんなにチヤホヤされる武蔵と、そんな武蔵にモヤモヤしている小次郎に、マギのアラジンとアリババを重ねて見ていたのはきっと俺だけではないはず。

冒頭ですごくいい笑顔の小次郎が「よかった俺たち肩を並べて戦える」と言いかけたのを見て、なんか全然無関係の俺まで思わず感極まって泣きそうになってしまったのは内緒にしておいてください←

俺も小次郎と全く同じ気持ちです、ホントそう思いましたよ。

でもこれでようやく武蔵・小次郎・つぐみの鐘巻武士団が始動したといった感じですね。

みんなすごく希望に満ち溢れたいい顔していたけど、特につぐみがノリノリで張り切っていたのが印象的でした。「了解です団長ー!」はホントいい笑顔でした。小雨田の城を出たばかりの頃はあんなにギクシャクしていたのに、今やすっかり武蔵たちとも打ち解けていて、かつてつぐみが武士団は家族だと言っていたけど今のつぐみと武蔵達はまさにそんな感じがしました。

武蔵やつぐみがだらだらしている間に、小次郎が旅の準備や段取りを整えていて、しかも行き先まで示してくれて、これほど小次郎のことが頼もしいと思ったことはないんだけど、もしかして小次郎って意外と団長に向いてたりする!?

なんとなくそう思っていたけど、やっぱり小次郎は親父について何も知らなかったか…小次郎には黒曜の女神は受け継がれなかったけど、小次郎にもなんか秘密があったりするんですかね?

コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ