カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 五等分の花嫁 » 五等分の花嫁 第60話「攻略開始」の感想

五等分の花嫁 第60話「攻略開始」の感想

2018/10/31 05:55 | 五等分の花嫁 | コメント(0)

今回のサブタイトルの「攻略開始」について考えてみました。

まず"攻略"とはどういう意味なのか。
ネットで調べてみると①攻めて、奪いとること。②相手を打ち負かすこと(大辞林 第三版より引用)と出てきます。
私が今まで読んで(プレイして)きたラブコメやギャルゲーでは、主に意中の相手の心を陥落させる=意中の相手に自分を好きにさせる的な意味で使われていて、今回のサブタイトルでもそれに当てはまるものと思われます。

じゃあ誰が誰を攻略するのか。
最近のラブコメだと必ずしも主人公→ヒロイン達ではなくヒロイン達の方から主人公にアプローチしている作品も少なくありません(特にハーレムものでその傾向が大)。
今回のサブタイトルと話の内容からして、二乃を皮切りに五つ子ちゃん達全員がフータローの攻略を開始するのではないかと予想していますが、どうでしょうか!?

なんか色々と前置きが長くなってしまいましたが、三玖ファン的には三玖が(一花に負けて試験で1位を取れなくて落ち込んでる?)ちょっと元気無さそうなのが気になりました。(人気投票ではぶっちぎりの1位でしたが)
最近はフータローのおかげもあって?表情が豊かになってきたと思っていたのに、今回また無表情キャラに戻ってしまっていましたからね。



かっこいい

今回の俺的ベスト三玖は何と言っても、フータローがバイクに乗って迎えに来たという二乃の話を聞いて、顔を赤らめて「かっこいい」と言ったところでした。

今回終始無表情だった三玖がここでほんの少しだけど笑顔を見せてくれて、三玖ファン的にはちょっとホッとさせられたのと同時に、あいかわらずのストレートな破壊力に悶絶させられまくりでした。

イメージと違いすぎるね

一見すると三玖と一花は正反対のことを言っているように見て、実はどちらもフータローのことが「かっこいい」と言っている!?
今からそう考えた理由を言っていきますね。あくまで私の推測なので外れていたらごめんね。
・三玖の中のフータローはもうとにかくカッコ良くて、バイクに乗ってるフータローもイメージ通りでカッコいい。
・それに対して一花の中のフータローとはイメージと違い過ぎるけどやっぱりカッコいい。

じゃあ五月は大学受けるんだ

その言い方からするに、三玖は就職を考えてる!?
…はっ、まさか、フータローに永久就職…ってそんな昭和の古い考え方をしているわけはないか。
とまあ冗談はさておき、三玖がどんな職業に就くのか全然想像できません。
少し前に出たメイド喫茶とかはすごく似合いそうだけど、あとは歴女…武将好きの趣味を活かした職業とか。
あとはフータローと同じ大学に行くという展開もありそうですよね。

一見いつもと変わらない三玖のようにも見えるけど、俺にはいつもより元気が無くて落ち込んでいるように見えます。
今回の三玖は終始こんな感じで、最近三玖にも笑顔が増えてきたと思っていたので、ちょっと心配ですね。
俺が三玖を直接元気付けてあげられないのがもどかしすぎます。

一月からずっと貰ってたが ってそんなわけないか

おいおいフータローお前さすがにそれはないだろうと。
あれだけ三玖がアプローチしても本当に全くこれっぽちも気付いていないのか!?
それはさすがに男としてというか人としてどうなんだと…

三玖のバレンタインにだって気づかないくらいだし

一花は姉という立場から三玖に遠慮しているのに対して、二乃は三玖の想いに気付いていながらも妹に遠慮するという考えはないようですね。
でもまあ俺的には自分の気持ちに素直な二乃の方が好感が持てるかな。一花は色々と考えすぎなんだよなあ。

三玖は一番になったら告白するって言ってたけど今回は私が一番だった…なら…しても…いいのかな…

一番にならなきゃ告白してはいけないとか全然そんなことは無いんですけどね。
でも三玖だけでなく一花もそれに縛られてしまっている感じがします。
だから二乃に出し抜かれる形になってしまったわけですが…

なんのこと? ええっ!?

うんまあなんとなくそうじゃないか(フータローには二乃の告白が聞こえていない)と思っていたんだよね。
肝心な時に限って聞こえない(難聴)、勘違い、キムチ、これまで他のラブコメでもうんざりするほど見せられてきていたし。
でも二乃はそんなふうに散っていた数多のラブコメヒロイン達とは違うというところを見せつけてくれたんですね。

あんたを好きって言ったのよ 対象外なら無理にでも意識させてやるわ あんたみたいな男でも好きになる女子が世界で一人くらい それが私よ残念だったわね

これまで俺の中での二乃に対する印象は(睡眠薬使ったりとか)あまり良くなかったのですが…
他のラブコメだったらとっくにヒロインが諦めていそうな場面でも諦めずについには想いを伝えるのに成功したところは素直にすごいと思ったし、以前よりも二乃のことを応援したくもなりました。
ぶっちゃけ二乃が可愛すぎるんだけど(ニヤニヤ)。
つーか俺も二乃のような女の子からこんなこと言われてみたかったなあ…(遠い目)

はい一花ありがとうそれにおめでとう 次は負けない …うん

俺的には大好物のシチュエーションだったのですが、そうこうしているうちに二乃に出し抜かれちゃったし…


広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ