カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » オリエント » オリエント 第11話「側にいるよ」の感想(ネタバレあり)

オリエント 第11話「側にいるよ」の感想(ネタバレあり)

2018/08/12 16:46 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(4)

今回の小雨田とつぐみのやり取りは、DVと共依存の関係を見ているようで、あまりいい気持ちはしなかったですね…

それと今回小次郎が出された料理の味付けを気にしているところをを見て、お前は主婦(奥さん)かよと思わずツッコミを入れずにはいられなかったのは俺だけではないはず…



超うまいよなここの団長はイイ奴そうだな小次郎!

武蔵は鉱夫時代に吹っ切れてからというもの、いつもどういう状況でもこんなふうに前向きマイペース思考で、牢屋に放り込まれた後でもそれが変わっていないのはある意味すごいと思いました。
そういう武蔵だからこそ、今のつぐみが置かれた状況を打破してくれることにも期待したいですね…

団長とつぐみを結ぶ固い絆!この顔面が二人の愛の証ー!

いやそりゃあ人によって愛の形はそれぞれだとは思うんだけど、それにしてもこの煽り文酷すぎじゃね!?(苦笑)
つぐみがあんな泣き腫らすくらいに嫌なおしおきって一体…

ヤッホー☆二人とも元気?二人にどうしても聞きたいことがあるんだけど?

(ついさっき泣き腫らすほどのお仕置きされた後にもかかわらず)なんだろうこのテンションの高さは、さすがにつぐみのことがちょっと心配になってきたぞ。
まあ普通に考えるとまだ武蔵達が鬼鉄を持っていないか探りに来たってところだろうけど、なんだかんだ言いながらもつぐみは非情に徹しきれない甘いところがあるし、かといって武蔵も小次郎も二人揃っておバカだし、一体どうなるのかまるで予想できないんだけど…

ましてや子供たちなど…「武士」の理想もまだよくわかりません!

つぐみは子供(や領民)達のことを思う、俺の想像していたとおりの心優しい女の子だったわけですが…

反論があるのかと聞いてるんだこの馬鹿女が!!! おまえは本当に…俺がいないと何もできないなあ!つぐみ!

剣術や体術では武蔵や小次郎をも上回ってみせているから、決して全部が全部ダメダメというわけでもないだろうに…
お館様に強く出られると何も言えなくなってしまうこのダメダメっぷりが…

ごめん…ごめんねえ…

でもこうしてごめんと言っていることからも、つぐみは決して悪い子ではないのはたしかなんですけどね…
それに油断していたとはいえ武蔵と小次郎をあっさりと囚えてみせるあたり、かなり有能な部類ではないかと…
むしろ小雨田がうまく部下を活用できていないんじゃないかとさえ思えてきてしまう…

城下に「総動員令」をかける! 不憫…かなぁ…!?

なんつーかここにきてようやく大高先生らしさが出てきた気がします。
けどあんまり俺のつぐみを追い詰めないであげてほしい。


広告

関連記事
No title
小雨田はかなり手馴れている感じがするというか、つぐみ以外の部下に対しても程度の差はあれ似たようなことをしていそうな気がします。

小雨田武士団の現状を考えると小雨田の言っていることの方が正しいと思えるので、つぐみが反論しようとしても結局最後は言いくるめられてしまうわけですが、そこをどうやって乗り越えていくのかに期待したいですね。
[ 2018/08/25 05:46 ] [ 編集 ]
そばにいるよ
今号ではつぐみちゃんが本当はいい子だというのはよくわかりました。しかしお館様の方は…つぐみに対してお前はだめな奴と徹底的に貶めておいて、つぐみが従順になるとそのままでいいとか甘い言葉をささやく…洗脳のプロのような感じですね。
また徳川がどんな武士団か気になります。現実の歴史と似ているのかどうか
[ 2018/08/20 21:34 ] [ 編集 ]
No title
うぐっ、実はそこまで深く考えていませんでした←
いつも鋭い考察ありがとうございます。
たしかに徳川を敵に回すと色々と厄介なことになりそうですよね。
マギだと複数の国で同盟を組んで巨大国家に対抗していましたが、オリエントでは徳川や武田、小雨田などの武士団がどのような勢力図を作っていて、武蔵達はどうそこに絡んでいくことになるのか、色々と想像すると面白いですよね。
[ 2018/08/12 21:11 ] [ 編集 ]
No title
今回の話を読んだ限りだと、
今回の話を解決したとしても、
それをきっかけに鬼以外に徳川も
敵に回す事になるんじゃないかと思いました。
小雨田は徳川の傘下みたいなので、
もし、小雨田を倒してでもしたら
彼らを傘下にしている徳川に眼を
つけられるのは避けれないと思うからです。
鬼を倒す武士同士だから争う必要はないという考えも出来ますが、
武士は天下統一の夢も持ち合わせていて、
現に小雨田武士団みたいな
別の武士団の傘下に入っている武士団も存在している以上、
そういう武士団を潰す事にでもなったら、
自分達の傘下にしてる武士団に何かあった場合、
徳川からしたら自分達の領土を荒らした、
喧嘩をふっかけた敵と認知されると思うからです。
[ 2018/08/12 18:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ