Top Page › 進撃の巨人 › 進撃の巨人 第106話「義勇兵」の感想(ネタバレあり)

進撃の巨人 第106話「義勇兵」の感想(ネタバレあり)

2018-06-09 (Sat) 19:00

本編で久しぶりにアニが登場してくれたので、私のテンションも上がりまくっています。

とはいってもアニはまだあの結晶体?の中で眠り続けているままですが。
しかも当時と何一つ変わらぬ姿のままで。
アニはこのまま永遠に眠り続けるつもりなのか、それとも外が安全だとわかれば目を覚まして結晶化を解除してくれるのか、一アニファンとしてアニがいつ目を覚ましてくれるのかわからない状況なのが何とももどかしいです。
(他のキャラが歳を重ねていく中で、アニだけが当時のままだというのが、焦燥感を駆り立てられてしまうわけで)

でもそこで地鳴らしというわけですよ。始祖の巨人の力で壁の中の超大型巨人を一斉に呼び起こして世界中を踏みつぶすというアレです。(ヤフー知恵袋より引用)
もしエレンorジークがその地鳴らしを使えば、我らが眠り姫・アニの目を覚ますことも可能なのではないかと思ったわけです。

なのでエレンとジークには一刻も早く地鳴らしを発動させる方法を見つけ出して欲しいです。
我らが女神・アニのために。
(もっとも自分にはジークがエレンを食べる以外の方法が思いつきませんが)

あと今回アニに会いに行ったのが(ベルトルトの記憶を継いだ)アルミンというのがまた意味深な感じがしました。
作中ではアルミンとアニはあまり接点が無いと思っていたのですが、ベルトルトから継いだ記憶が影響しているのでしょうか!?

広告

Comments






非公開コメント