Top Page › 大高忍(マギ、オリエント) › シンドバッドの冒険 › マギ シンドバッドの冒険 第166夜「ミストラス」(平成29年10月25日更新分)の感想(ネタバレ有)

マギ シンドバッドの冒険 第166夜「ミストラス」(平成29年10月25日更新分)の感想(ネタバレ有)

2017-10-25 (Wed) 07:36

今後のシンドバッドの冒険の更新スケジュール(予定)は以下のようになるみたいです。
10/25水 第166夜
11/1水 休載
11/8水 おまけ漫画
11/15水 第167夜(連載再開)

前回ラストで眷属同化したミストラスの変わり果てた姿、そして今回のサブタイトルを見た時点で、今回の話の展開が大方予想がついてしまったのが…

そして巻末の大寺義史先生のコメントが…今回のお話は巻末の作者コメントまで読んでいただくことをオススメします。

これが…ミストラス?すまねぇ、シンドバッド…俺がついていながら何もできなかった

まさかヒナホホにミストラス、そしてピピリカの三人がいながらこんなことになるなんて、ここまで敵が強大だとは思ってもいなかったので(ヒナホホVSザイザフォンのギャグ回からの落差があまりにもえげつなさすぎる)、なおさら今のミストラスの変わり果てた姿には衝撃を受けざるを得ませんでした。

まだこっちは魔力も回復してないってのに…

あのヒナホホが何もできずに眷属同化したミストラスに守られていたのはこういうことだったのか…

大丈夫…あなたのことは絶対俺が守りますから

ミストラスさすがに無茶しすぎ。
いつもなら頼もしく思える(男として戦士としての成長が感じられる)このセリフも、今の立つのもやっとなボロボロの状態で言われても、見ているこっちの方がかえって辛くなってきてしまう件について。

やれ。いやぁー!!! 力を求めよ、我は眷属。死の間際に眷属同化を果たしたか…

普通はこれで眷属同化したミストラスが(頭領のシャカを含む)シャム=ラシュを一網打尽、形成が一気に大逆転という展開を予想するのですが…

シャム=ラシュ式暗殺術。「八卦死天掌」。魔力操作で、身体の中をグチャグチャに破壊しておきました。

こんなのあんまりにもあんまりすぎるだろうと…それでも自分がここまでボロボロになっても最後の最後までピピリカとヒナホホを守ろうとしていたミストラスが男の中の男すぎて…

あとシャム=ラシュ(特に頭領のシャカ)が強すぎる件について。
(たとえ手負いかつ同化したばかりとはいえ)眷属同化したミストラスをもあっさりアレしてしまうとは、一体誰がヤツを止められるというのか…

ミストラス…やだ…いかないで…

本編でピピリカがスパルトスに対して「それは君があの場にいなかったからよ。私は忘れない。あの人の無残な死に顔…」と言っていたのがどういうことだったのかを嫌というほど見せつけられてしまってもうホント辛いです…

それとシンドバッドとミストラスはいつもくだらないことでも楽しそうに盛り上がっている印象があって、シンドバッドにとってのミストラスは八人将の中でも特に気が合うはじめてできた同年代の友達と言ってもいいような存在だったので、シンドバッドが受けたショックが一体どれほどのものなのか計り知れないです。前回ファーランに対して諦めない絶望しないとは言っていたものの、目の前で親友の死を見せつけられてしまった今はどう思っているのか…(本編でシンドバッドが八人将に眷属同化を禁止しているのはこのことがトラウマになっているからなのか…)

広告

Comments






非公開コメント

No title

もしシャカがアル・サーメンの一員だとしたら、シャム=ラシュという暗殺集団を創り上げたのもアル・サーメンの活動の一環だとか色々と想像できてしまいますよね。
2017-11-01-00:33 いくの(管理人)
[ 返信 * 編集 ]

ミストラス

シンドバットが金属器壊されたという事は眷属器も使えないので、これからより厳しい戦いになりそうですね。
しかし決死の眷属同化を果たしたミストラスですが、暗殺組織のボスに邪魔されたあげくお粗末とか言われてあまりにもミストラスが報われない。しかしこのボス、眷属同化とかいろいろ知ってるしもしかしたらアルサーメンの一員?というのは考え過ぎでしょうか。
2017-10-29-12:18 七猫
[ 返信 ]