Top Page › ジャンプ(SQ.) › 青の祓魔師 › サラリーマン祓魔師 奥村雪男の哀愁 第57話「柔造夫婦 デートの哀愁」の感想

サラリーマン祓魔師 奥村雪男の哀愁 第57話「柔造夫婦 デートの哀愁」の感想

2017-09-04 (Mon) 00:01

先月号で予告されていたとおり、今月は青エク本編の方は休載でした。

次号の11月号(10月4日(水)発売)では単行本20巻発売記念の表紙&センターカラーだそうです。
たしか単行本20巻ってアニメDVD同梱版(志摩小説版エピソード)も同時発売されるんでしたっけ!?
(※10月号では単行本情報が見つけられませんでしたので、8月号でその情報を再度確認しました。)

あとは青エクの舞台とかグッズとかアニメDVD情報などが…
そうそう名古屋で行われる加藤和恵先生ときただりょうま先生(ド級編隊エグゼロス)の10月のサイン会情報も掲載されていました!!

えーと、10月4日(水)発売のSQ.11月号を買った先着120名が10月7日(土)名古屋星野書店近鉄パッセ店で行われるサイン会に参加できるそうです。
9月の札幌の和月先生達のサイン会では事前にSQ.を電話予約することも可能でしたが、今回はどうなのでしょうか?そのあたりは星野書店近鉄パッセ店の公式サイトやTwitterの情報待ちといったところでしょうか。

そして今回のサラ雪ですが、サブタイトルからなんとなくそんな予感がしていたのですが、主人公の雪男が全然登場しないという最近ちょくちょく見かける展開に(笑)

でもまあなんつーか蝮が幸せそうで何よりなんじゃね!?
せっかくのデートなのに金造の邪魔が入りはしたものの、柔造は蝮のことすごく大切にしてくれているようですし、柔造&蝮夫婦のラブラブっぷりを見せつけられちゃったかなあと。
(不浄王編の頃はこんなふうに蝮がまた普通の日常生活を送ることができるようになるところがとても想像できなかったので、やっぱ志摩の兄貴の柔造はすごかったんだなあと)

広告

Comments







非公開コメント