Top Page › マギ(大高忍) › マギ 原作(本編、単行本) › マギ 第351夜(第351話)「世界をルフに還す魔法」の感想(ネタバレ有)

マギ 第351夜(第351話)「世界をルフに還す魔法」の感想(ネタバレ有)

2017-05-31 (Wed) 00:01

最新単行本第34巻が6月16日(金)頃発売!!

これまでの簡単なあらすじ

 せっかく改心したと思ったのになぜ世界をルフに還す魔法を発動させてしまったんだシンドバッドよ…って、こんなことやるやつはダビデ以外には考えられないけど…

なんだろう?あれは…天使?

 シンドバッドが発動させた世界をルフに還す魔法。自分的にはもっとこうなんというかみんなの身体が自然にルフに分解されていくようなものを想像していただけに、こんな大虐殺みたいな酷いものを見せられるとは思っていませんでした。しかもつい少し前まではシンドバッドがこれをやろうとしていたのかと思うと…

あれっ?おじさん?さっきまでいたのに…どこへ消えたんだよ?

 あといつの間にかアルバもいなくなっていますよね。前回、アルバはアリババの提案に賛同してくれたように見えたけど、まさかここにきて裏切ったりはしないよね!?

ダビデ…!!おまえがやったのか?どうやって?神の序列を入れ替える魔法だよ

 うん、やっぱりダビデだったか。もはやこんなことやるorできるやつはダビデくらいしか残っていませんでしたからね。それにしてもダビデとウーゴくんが少し前とは完全に立場が逆になってしまっているのが…

なぁんだ…私が彼の布石かと思ったのに…やっぱりシンドバッドが私の布石だったようだよ。

 ここ最近の展開を見ているとシンドバッドとダビデはこうやってお互いがお互いを高め合っているような感じさえします。この後またシンドバッドが逆転する可能性だって十分考えられますし、そもそもシンドバッドもダビデも他の誰かの布石だという可能性も…

『大いなる流れ』は逆流した!!!私は永遠に止まらないよ!!!!

 ちょっと思ったのですが、もしこれで元の世界でゲートを維持しているネルヴァが死んだり逃げたりしたらアラジン達は…いやここはネルヴァを信じようじゃないか。元の世界でネルヴァ以外の人達はほとんど皆シンドバッドの考え方に賛同していましたが、喜んで自分から天使にやられるのかそれとも抵抗するのかが気になります。

じゃあ俺たちが……おまえをブッ潰す!!

 さすがのアリババもダビデを巻き込むことはできなかったか…この4人が力を合わせて強大な敵に立ち向かうのは想像するだけでも胸が熱くなりますが、いくらこの4人でもはたして神に勝てるのか…!?

広告

Comments







非公開コメント

No title

誰もが絶対的な存在としての神を意識(認識)していたアルマトランとは違って、王はいても神がいないのが今のアリババ達の世界ですからね。だからこそウーゴくんの神の序列を入れ替える魔法は衝撃的だったのかもしれませんが。
2017-06-07-20:07 いくの(管理人)
[ 返信 * 編集 ]

ダビデ

シンドバッドが世界をルフに帰すって一瞬で終わるか人々が微笑みながら安らかに‥とか私も考えていたのでこんな方法とは驚きました。
ダビデはシンドバッドを一度は私の神だと思ったのにと言いましたがアルバも昔ソロモンを神様だと思った時期もあったと言った事と似ていると思いました。
神に対するある種のこだわりがアルマトラン人の限界なのかなとも思えますね。
2017-06-04-12:04 七猫
[ 返信 ]