Top Page › 夏目友人帳 › TVアニメ夏目友人帳 陸 第5話「縛られしもの」の感想

TVアニメ夏目友人帳 陸 第5話「縛られしもの」の感想

2017-05-11 (Thu) 06:05

途中ホラーっぽい展開もありましたが、終盤で明らかになったタクマさんの式達の本当の目的が切なすぎてもう…
もう少し早く妖が見える夏目や名取さんが間に入っていたら違う結末になっていたのだろうか…!?

ある日突然何度目の前で話しかけても自分のことを認識してもらえなくなって、
ある日突然わけもわからないまま家に帰る(入る)ことができなくなっていて、
もし自分がタクマさんの式達と同じ立場だったらと思うとゾッとします。

今回も月子さんが可愛かったです。
月子さん見た感じ年齢は夏目よりも上で、名取さんよりは下?
いくら高級住宅街に住んでいるお嬢様とはいえこんな可愛らしい大人の女性が存在するとは…
はじめて見た時からタキに似ていると思っていましたが、スコティッシュちゃん…ニャンコ先生を胸に抱いている姿とかまさにタキでした。(俺もスコティッシュちゃんになりたい←)

前回も同じことを書きましたが、たしかに名取さんは妖の知識は豊富だけど、妖の気持ちについては夏目の方がよくわかっているように感じました。
夏目と名取さん、両者の妖との関わり方、妖に対する考え方の違いが対照的で興味深かったです。

あくまでも人間を守ることを最優先に考えて妖相手には非情に接する名取さんと、たとえ相手が妖であっても妖にも事情があるんじゃないか話せばわかるんじゃないかというスタンスの夏目、二人でちょうどバランスが取れている感じがしました。
つまり何が言いたいのかというと夏目と名取さんがいいコンビだということです。

夏目のことを相談する名取さんを温かい目で見るタクマさんという構図が…きっとタクマさんも駆け出しの頃の名取さんに対して同じこと思っていたんだろうなあと。

ラストの名取さんが少し怖いと思ったのは私だけではないはず。
名取さんが式に調べさせているのは純粋に夏目のことが心配だからと信じたいのですが…

広告

Comments







非公開コメント