Top Page › ジャンプ(SQ.) › 青の祓魔師 ›  TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第10話「不撓不屈(ふとうふくつ)」の感想

TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第10話「不撓不屈(ふとうふくつ)」の感想

2017-03-11 (Sat) 07:31

今回は何と言っても燐と勝呂のやり取りが、燐が倶利伽羅を抜くまでの流れがすごく胸熱でしたね!!
あとこんな状況でも逃げずに、剣を抜けない燐を責めずに、それどころか自分の体を張ってでも逃がそうとした、漢・勝呂がカッコ良すぎでした!!
次回は燐とようやく駆けつけてきてくれたシュラさんの活躍にも期待したいです!!

青エクと絶賛コラボ中の京都タワーがディスられていたのには吹きましたw
でもかえって興味を持った方のほうが多いような気がするので、宣伝的な意味では成功なのか!?

雪男&柔造(=志摩の一番上の兄ちゃん)タッグでようやく藤堂を倒せたと思いきや…
あそこまでやってまだ無力化できないとは、とても藤堂を倒せる気がしない件について。
原作ではどうやって藤堂を撃退していましたっけ…!?

雪男と柔造は似た者同士というか、気が合いそうな感じがしますが、もし柔造が雪男の兄ちゃんだったらどんな兄弟だったんだろう…!?

「こんなんじゃ割に合わんせめてパフパフ~」
ごめん俺も志摩の立場だったら多分同じことを口には出さずとも心の中では思ってた気がする。そういう意味では志摩の気持ちもちょっとはわからないでも(←おいw)

あんな不浄王とかいう厄介極まりないペット?を人間界(物質界)に野放しにしている、「腐の王」アスタロトがルシフェル派なのかそれともサマエル(=メフィスト)派なのかが気になりました。

広告

Comments






非公開コメント