Top Page › ジャンプ(SQ.) › 青の祓魔師 › TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第2話「呉越同舟(ごえつどうしゅう)」の感想

TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第2話「呉越同舟(ごえつどうしゅう)」の感想

2017-01-14 (Sat) 06:29

もう皆さんとっくにご存知のことかとは思われますが、
コミックナタリーで青エク特集&原作者の加藤和恵先生のインタビュー記事が掲載されています。

そこで神…加藤和恵先生もおっしゃっていましたが、
今回の青エクアニメは原作に忠実にアニメ化しているので、
原作の再現度が非常に高く、まったく違和感がなかったです。
蝮の声や蝮と柔造のケンカなんかも原作で読んだ時のイメージどおりで驚きました。

あとこれは1話でも思ったことですが、シュラさんやっぱり有能ですよね。
初対面の京都の人達への対応といい、部下に次々と的確な指示を出していくところといい。
このように精力的に任務をこなしているところを見ると、とても死んだように生きているようには見えないんだよなあ…

勝呂の母ちゃんマジ美人でしたな。ちょっとドキドキしちゃったじゃありませんかw←
エプロン姿で皿洗いしているしえみが可愛い。でもだからこそ余計に今のしえみとの距離感が辛い。

燐の周りの人達の燐に対する態度がつれなさすぎて辛い。
今回、燐とまともに話してくれたのって、クロと勝呂の両親くらいでしたし…

そういや燐もうすっかり尻尾(正体)隠さなくなったんですね…

今回の自分的に一番の見所だったのは、燐が志摩を攻略…もとい志摩と一緒に弁当食って仲直りしたところのやり取りでした。
関わらないようにする方がめんどくさいとかいい意味で志摩らしいとも。
他のみんなももっとちゃんと燐と向き合って話してみればいいのに。

そういえば志摩って実はいいヤツなんじゃねと思っていた時期が俺にもあったなと←
志摩は自分で自分をカッコイイと抜かしやがっていましたが、出雲編の時のお前思いっきりカッコ悪かったぞ。

拍手コメントありがとうございました。
どのような形であれ燐としえみには幸せになってほしいですよね。

広告

Comments






非公開コメント

No title

いつもながら花月さんの深い考察にはただただ感心させられるばかりです。
私は志摩については表面的な部分しか見ることができていない場合が多いので、こうして私よりもずっと志摩のことを理解されている方にコメントで補足して頂けるとありがたいです。
私も少しでも志摩に対する誤解や偏見を減らしていければと思っていますが、志摩については許せない部分も少なくないので、今後も志摩には厳しい感想を書いてしまうこともあるかもしれませんので、ご理解頂ければ助かります。
2017-01-15-21:21 いくの(管理人)
[ 返信 * 編集 ]

良くも悪くもマイペースだと思うんです

まあ、志摩はかっこいいようで
かっこわるいようで掴みどころがないですからね。
志摩は良くも悪くも自分のやりたいようにしてるんだと思います。
結果的に燐と仲直り出来たと言っても、
仲直り出来た理由が関わらない方が面倒くさいって理由ですからね。
良くも悪くもマイペースで自分がやりたいようにするタイプのキャラだと思うんです。
きっとマイペースだから勝呂や子猫丸みたいに怒りや戸惑いの
感情にあまり囚われなかったんだと思うんです。
良く良く思い起こしてみたら、志摩ってプライベート以外は
感情に流されて行動してるところってあんまりないですし。
2017-01-14-16:43 花月(かづき)
[ 返信 * 編集 ]