Top Page › 夏目友人帳 › TVアニメ夏目友人帳 伍 第9話「険しきをゆく」の感想

TVアニメ夏目友人帳 伍 第9話「険しきをゆく」の感想

2016-12-07 (Wed) 23:56

俺も今からでももう少しだけ本気を出してみようかなと…
しいたけ妖怪こと三ツ皿を見ていたらそう思わずにはいられませんでした。

夏目はそろそろ夏目パンチ以外の攻撃手段…特に遠くを攻撃できる技の一つや二つ覚えた方がいいような気がします。
そうじゃないといくらなんでもこのままだと身が持たないぞと。

今回も安定の(何だかんだあっても最後はほろっと心温まる)夏目友人帳クオリティでした。
いつもと比べて夏目があまりひどい目に遭わない分、安心して見ていられもしました。
夏目とニャンコ先生と三ツ皿の掛け合いを楽しませて頂きました。

三ツ皿が獣に食われそうになっていたのを見て、
そういえばあまり深く考えたことありませんでしたが、
山には普通の動物もたくさん住んでいるのが当たり前なんですよね。
ぶっちゃけ熊などの猛獣と妖だとどちらが強いんだろう!?

私が今期のアニメで特に注目して見ているのは、
ニャンコ先生の夏目への接し方や距離感ですかね。
夏目のことを他の誰よりもわかっている感じなのが…

あともし三ツ皿が夏目を捧げると言っていたらどうなっていたのかがちょっと気になりました。

広告

Comments






非公開コメント