Top Page › ジャンプ(SQ.) › 終末のハーレム › 終末のハーレム 第8話「失われしもの」の感想(ネタバレ有り)

終末のハーレム 第8話「失われしもの」の感想(ネタバレ有り)

2016-08-21 (Sun) 22:06

今回の簡単なあらすじ

 怜人、ついにMKウイルスの核心に迫る…!?

火野様…こんな美女の身体で洗ってもらって~

 この漫画のタイトル「終末のハーレム」、あの宵野コタロー先生が漫画を担当するとあって、どんなすごいハーレムを見せてくれるのかと期待していたのですが、なんか自分が期待していたのとはちょっと違う方向に進んでいっているような…(初期の主人公が色々な女性から迫られる展開が良かったのに、火野こいつのハーレムを見せられてもあまり面白いとは思えないです)

……っ…火野様…っ

 どう見ても少年(誌)向けじゃないですよね(苦笑)。成人向けの雑誌でこそ生きてくると思うんですけどね…

ありがとうスイちゃん いえいえお安い御用ですっ!

 でも冒頭のエロシーンを除けば、普通にジャンプ本誌に載っていてもおかしくない内容、少年漫画の王道展開でしたね。

男と一緒に戦争も世界からなくなった…

 やはりMKウイルス作ったのもそれが目的なのでしょうか!?

もう!怜にぃまた徹夜!?

 さっきの全身覆い隠すような衣装とのギャップが…あいかわらず、まひるの衣装の露出が多すぎてドキドキさせられます。

ちゅっ えへへ~元気の出るおまじない!

 お、俺にもそのおまじないしてください!!(←おいw)

 まひるは怜人に対してあくまで妹として接しているのか、それともを少なからず異性として見ているのかが、ちょっと…いやものすごい気になって仕方ありません。

あれは自然発生したものじゃない MKウイルスは人が作り出したものよ

 これがMKウイルスだけではなく、絵理沙の行方の手がかりにもなるといいのですが…

 やはりこのことを知ったから絵理沙は…!?

広告

Comments







非公開コメント