Top Page › マギ(大高忍) › マギ 原作(本編、単行本) › マギ 第311夜(第311話)「2年ぶりの再戦」の感想(ネタバレ有)

マギ 第311夜(第311話)「2年ぶりの再戦」の感想(ネタバレ有)

2016-06-29 (Wed) 00:01

これまでの簡単なあらすじ

 モルさん&白龍コンビがアルバとの剣術対決に見事勝利!さあ次はいよいよアラジンがアルバと魔法対決だ!!

確かにすさまじい魔導士だ、あの女は…!!動かないです…

 うーん悔しいけどこの二人お似合いなんだよなあ…なんというかこの距離感…二人でいるのが自然なこの感じ…やっぱくっついちゃったのかなあ…(←しつこくてほんとすみません)

アラジン、私と白龍さんではアルバを倒せません。

 結局最後まで白龍はベリアルを使いませんでしたね。ベリアルならば精神体?のアルバに対しても有効なダメージを与えられたかもしれないのに。それとも白龍にはベリアルを使えない、あるいは使わない理由があったのでしょうか!?

「ソロモンの知恵」をちょうだい。 それはできない。

 アラジンとアルバ、見事なまでに会話が噛み合っていませんね。でもまあアルバに一切譲歩する気が無いのはわかりきっていたことではありますが。アラジンはどうやってこの難敵を撃退or説き伏せつもりなんだろう…!?

1人1人が並の魔導士じゃない…これが「アル・サーメン」というわけか!

 アル・サーメンまだこんなにたくさんいたんだ。てっきり白龍が壊滅状態に追い込んだものだとばかり…

4つの極大魔法を!!!!こんなもの、どんな「防壁魔法(ボルグ)」でも防げないぞ!!アラジン!!!

 アルバ(&アル・サーメン)の魔法が(前回までの剣術が霞んでしまうくらいに)絶望的なまでにすごすぎる件について。こんなんいくらアラジンでもどうしようもないんじゃ…!?

 ここ最近のユナンはすっかり解説役&リアクション要員になってしまっていますね。昔の超然とした雰囲気はなくなってきている代わりに、今のユナンには人間らしさっていうのかな、それが感じられるようになって、ユナンに共感or感情移入できる部分が多くなった気がします。

アラジン!!君という存在そのものがソロモンの傲慢の象徴だ、消えてなくなれ!!!!

 えっとたしかアルバの目的って、アラジンのソロモンの知恵を奪うことだったんじゃ!?当初の目的忘れてない!?

力魔法(ゾルフ)!

 ここでアラジンの力魔法キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! しかも三年前のジュダルとの戦いの時は相手の魔法をはね返すだけで精一杯だったのが、今はちゃんと使いこなせている感じなのが頼もしすぎです。次回アラジンがアルバやアル・サーメンを相手にどんな活躍ぶりを見せてくれるのか楽しみで仕方ありません。

広告

Comments







非公開コメント