Top Page › 管理人からのお知らせ › アルスラーン戦記第三十五章「双刀の鷹」の感想(別冊少年マガジン2016年6月号掲載)

アルスラーン戦記第三十五章「双刀の鷹」の感想(別冊少年マガジン2016年6月号掲載)

2016-05-10 (Tue) 17:41

これまでの簡単なあらすじ

 ペシャワールがすごく遠い…TVアニメではもっと早く着いていたような気が…

そうか…あれが伝説の山か…

 まさかアルスラーン殿下が宝剣ルクナバードを抜くことに…!?

アドハーナの橋が落された!?

 城から2kmしか離れていないところの橋を落されるって…TVアニメではここまでダメダメだとは思わなかったから、余計に驚かされました。

アイヤールよ俺のいない間~留守を任せたぞナスリーン

 キシュワードの息子&奥さんってこれまでも漫画やアニメで登場したことありましたっけ!?特に奥さんは自分の想像していたのとはちょっと違っていましたが、自分的にはタハミーネよりもナスリーンの方が美人だと思いました。

そうだ自慢の戦象部隊がいないということはまずは様子を探るための~

 もしこの時シンドゥラが戦象部隊を率いて本気で攻めてきていたらどうなっていたんだろう…!?ナルサス抜きでペシャワールの戦力だけでとても守り切れていたとは思えないのですが…

二度と我が国の境を侵すな さもなくば永遠に王になれぬぞ

 まさかアルスラーン殿下がたどり着く直前にこんなことがあったとは…それにしてもキシュワードがこんなにも強かったとは…その活躍ぶりに正直しびれました。アルスラーン殿下がペシャワールにたどり着くことができれば、これ以上ない頼もしい仲間になることは間違いないのですが…

こいつは簡単に逃げられんぞ おぬしが会いたがっていた相手…

 この絶体絶命の状況をナルサスがどのような策をもって切り抜けるのかに注目したいです。

広告

Comments






非公開コメント