Top Page › 大高忍(マギ、オリエント) › シンドバッドの冒険 › TVアニメ版 マギ シンドバッドの冒険第4話「ひとつめの海」の感想

TVアニメ版 マギ シンドバッドの冒険第4話「ひとつめの海」の感想

2016-05-08 (Sun) 06:16

今回からイムチャック編に突入したわけですが…

兄ぃ…あにぃ…兄ぃ…あにぃ…ぐふぅぉおああっ!!!!
TVアニメでのピピリカの「兄(あに)ぃ」の破壊力は私の予想をはるかに超えていましたw
しかもよくできた妹なんだよなあと。こんなにも兄思いで、兄を気遣い、心配し、他の誰よりも兄のことをわかってくれているという…
俺もピピリカのような妹が(以下ry。

本当はシンドバッドが倒したのにヒナホホの手柄になっちゃっているという、
なんかこうすっきりしない展開で話が進んじゃっていますが、
ヒナホホにはそんなもやもやを吹き飛ばしてくれるような活躍を期待したいですね。

すでに原作で読んで知っているからなのかもしれませんが、
(原作と比べると)ジャーファルさんの初登場のインパクトというか、ヤバさやイカれっぷりはそれほどでもなかったような…!?
むしろちょっと放っとけない感じさえしましたからね…

しかしこうもやすやすとシャム=ラシュの侵入を許すとは、イムチャックの国境警備態勢はどうなっているのか…!?

次回予告では、ドラコーンにヒナホホそしてジャーファルさん、未来の八人将が三人も登場して、いよいよ盛り上がってきたという感じがします。
次回はジャーファルさんとシンドバッド達の掛け合い?にも期待したいですね。

広告

Comments






非公開コメント