Top Page › マギ(大高忍) › マギ シンドバッドの冒険 › TVアニメ版 マギ シンドバッドの冒険第1話「運命の子」の感想

TVアニメ版 マギ シンドバッドの冒険第1話「運命の子」の感想

2016-04-17 (Sun) 08:39

 BSでシンドバッドの冒険第1話を視聴しました。

 作画、ストーリーともに原作の再現度が非常に高くて、声優さんの声も役に合っていて、満足できる内容でした。(←上から目線で本当すみません)

 自分は原作を読んですでに話を知ってはいるのですが…シンドバッドが(本編で想像していたのよりもずっと)過酷な幼少期を送っていたのには改めて驚かされます。

 己の信念を貫く父親…バドルの生き方は格好良いとは思うのですが、それに付き合わされて過酷な生活を強いられている母親…エスラさんが可哀想だったかなとも。エスラさんは自分の理想のお母さん像に近い女性だからなおさらそう思わずにはいられませんでした。

 シンドバッドが波を読む力…正しい運命を選び取る力を使っているところは久しぶりに見たような気がしました。最近の原作ではあまりそういった描写がないので…

 シンドバッド誕生のシーンについてですが…七色の光を放ちながらブワーッと生まれてきて、七海の美女という美女が冒険王の誕生に気づいてハッと空を見上げウワーッと涙するシーンを期待していたのですが、ちょっと残念だったかも←

 あのガタイで商人かよと…ダライアスは怪しさ満載突っ込みどころ満載でしたね。どうやらバドルは薄々彼の正体に気づいていたっぽいですが…

 次回はドラコーンやセレン様、ユナンも登場するようなのですごく楽しみですが、それよりもエスラさんがどうなってしまうのかがすごく心配で…

広告

Comments







非公開コメント