Top Page › ジャンプ(SQ.) › ワールドトリガー › ワールドトリガー 第139話「玉狛第2 ⑩」の感想(ネタバレ有)

ワールドトリガー 第139話「玉狛第2 ⑩」の感想(ネタバレ有)

2016-04-11 (Mon) 00:01

これまでの簡単なあらすじ

 修や千佳の新技が炸裂し、玉狛第二が香取隊を圧倒。残る柿崎隊はどう出てくるか…

ここ何日かで新しく覚えたんだろうが

 わずか数日でワイヤーに対応した動きができる遊真はやっぱりすごいと思いましたね。あんな細いワイヤー足場にするのは相当難しいだろうに…

どこも3人揃ってるから無理に動く必要はないな

 そういえば…こうして各チーム全員が合流した状態でぶつかり合うのは珍しいような気がします。

千佳 ここから頼むぞ うん!

 やっぱり千佳は可愛いです。

そんなの別に頼んでないし(中略)恩着せがましいのやめてくれる?

 ぐっ、この女、これが(独断専行でピンチに陥った)自分をかばって傷ついた仲間達に対して言うセリフか…でもこういう強がって生意気言う女性もちょっと嫌いではないというかむしろ(以下ry。

玉狛は遠征狙いだから点が欲しいはずでしょ?

 その思い込みが付け込む隙を生むかも!?

さて……放っておけるかな

 アイビス放った後の千佳の表情がまさにスナイパーって感じで思わずゾクゾクきました。

 ここまでは修のサポートで遊真が縦横無尽の活躍ぶりを見せているといった感じですね。これを見ると修は1対1の戦闘にこだわるよりもむしろ遊真や千佳のサポート役に徹した方がいいのではないかと思えてきました。それこそ香取隊の二人がそうしているように…

 でもここまで一方的な展開だと逆に盛り上がらないというか、個人的には追い詰められた香取隊長覚醒⇒香取隊逆転勝利という展開を見てみたいような気も(←ひねくれものの管理人で本当すみません)

広告

Comments






非公開コメント