Top Page › マギ(大高忍) › マギ シンドバッドの冒険 › マギ シンドバッドの冒険 第100夜(平成28年3月30日更新分)の感想(ネタバレ有)

マギ シンドバッドの冒険 第100夜(平成28年3月30日更新分)の感想(ネタバレ有)

2016-03-30 (Wed) 05:49

2週休載が続いて、今週から連載再開!
そして今回で連載100回到達!
4月15日からはTVアニメ放送開始!

これまでの簡単なあらすじ

 ジャーファルさんが…ジャーファルさんがぁあああっ!!!!

これ以上ない愉快な結果だ。君はいい部下を~

 愉快な結果って…前々から思っていたんだけど、ゼパルはこれが「ジンの試練」だとかぬかしやがっているけどただ単に自分が楽しむためにやっているようにしか…とても本気で王を選ぼうとしているようには見えないんですよね。それこそシンドバッドの言うとおりシンドバッド達を「王の器(とその眷属達)」ではなく「遊び道具」としか見ていないようにさえ感じさせられてしまうのですが…

俺が全て拾い上げる!削れた身も、命も、仲間のものは全部…!!

 少年漫画の主人公らしいセリフではあるのですが、一人で何でも抱え込んでしまうシンドバッドの性格を現しているセリフのようにも感じられました。

なに、簡単なことです。仮死状態ですよ。

 ジャーファルさんが何も考えずにあんなことするはずないと思っていましたが…やっぱそういうことでしたか。

…なにも。もう終わりましたよ。

 ジャーファルさん自身もボロボロなのに自分よりもマスルールを気遣う優しさ…マスルールがジャーファルさんを慕う理由がよくわかったような気がします。

力づくで通るまでだ!

 やっぱりこういう展開になってしまいますよね(苦笑)。でも本編でシンドバッドがゼパルを使っているということは…ここからどうやってゼパルと契約に至ったのか、ゼパルに自分を王と認めさせたのかがすごく気になります。

 そして最後のセレン様の表情が…自分に王の試練を受けさせて欲しいとでも言うつもりなんじゃ…!?

広告

Comments







非公開コメント