Top Page › ジャンプ(SQ.) › ワールドトリガー › ワールドトリガー 第130話「ガロプラ⑨」の感想(ネタバレ有)

ワールドトリガー 第130話「ガロプラ⑨」の感想(ネタバレ有)

2016-02-08 (Mon) 00:02

今回の簡単なあらすじ

 やけに木虎が双葉ちゃんに優しいんだけど…!?

平気です 次は失敗しません

 強がったり悔しがったりな双葉ちゃんもちょっと可愛いなと思いました←


私たちも役目を果たすの 双葉ちゃんの力が必要よ

 木虎は(同年代の)修にはやたらキツく当たっているのに対して、(後輩の)双葉ちゃんに対してはすごく優しくて、本当に同一人物かと一瞬思ってしまうほどでした。せめて双葉ちゃんへの10分の1でもいいから修にも優しくしてくれれば…


気をつけてくまちゃんどんな手を使ってくるかわからないわ

 やはり自分的にはワールドトリガーの中では那須隊長が理想の戦うヒロインです。


隊長たちの仕事はあと5分くらい…?ここでもう使い切ってもいいか…

 この口ぶりからすると、明らかに自分の目的は時間稼ぎと足止めで、ここでやられてしまってもかまわないといった感じさえしますが…


あれが…「分身」のトリガー…!?

 やはりワールドトリガーのバトルの駆け引きは面白いですよね。っていうか、ガロプラが使ってきたトリガーの中には、修や遊真達が活用できそうなのもあるような気がします。


くまちゃんの受けた傷まとめて返すわ

 最後の那須隊長の集中攻撃がえげつなさ過ぎてちょっとドン引きでした(苦笑)。女の人って怖い…


ありがとう菊地原くん

 たしか風間隊はランク戦の会場警備をやっていたはずだけど、ランク戦はどうなったの…!?


最低限の仕事はしたかな

 この口ぶりからすると、脱出のことまでは考えていないのか、それとも敵地でもベイルアウト的なことができるトリガーがあったりするのか…


広告

Comments






非公開コメント