Top Page › マギ(大高忍) › マギ シンドバッドの冒険 › マギ シンドバッドの冒険 第74夜(平成27年8月26日更新分)の簡単な感想(ネタバレ有)

マギ シンドバッドの冒険 第74夜(平成27年8月26日更新分)の簡単な感想(ネタバレ有)

2015-08-26 (Wed) 06:57

いやこれでお茶一杯つきあっただけとかさすがに無理があるだろうと(苦笑)。

今回の簡単なあらすじ

 ルルムを新たな当主に据え、新生・シンドリア商会が始動。ナーポリアでイムチャック、ササン、アルテミュラの関係各国を招き、大々的な祝賀会を開くことに。そこにウソの奴隷売買の話でノコノコやって来たマーデルの姿も…はたしてジャーファルさん達は半信半疑のマーデルを信じさせることができるのか…!?

ここが新生・シンドリア商会の祝賀会ねぇ…

 シンドバッド達が行動を起こすとしたら、マーデルが留守の今がチャンス…!?


新当主ルルムから皆さんへの挨拶です。

 当主交代が思いの外スムーズにいったなという印象が。まあとっくに関係者達には根回しがすんでいて、この場にいるマーデル&キール以外の人達は全員事情を把握しているのでしょうが…


バルバッド国王、ラシッド王!!?

 なんとなくこうなるのではないかと予想していましたが…本編でシンドバッドがなぜあんなにもアリババ(=ラシッド王の息子)に良くしてくれたのか、わかったような気がしました。


ここにいる皆さんにはすでにお話したとおりですが…

 これマーデル以外の人達には違うこと言っているんだろうけど、どんなことを話したのかすごく気になる…


バルバッドとシンドリア商会の密な関係は事実なんだと…!

 マーデルはジャーファルさん達の術中に順調にハマっていっていますな。これはマーデルが騙されて酷い目に遭わされる姿を見るのが楽しみです。


一杯だけお茶につきあったくらいだよ。

 いやそれはいくらなんでもさすがに無理があるだろうと(苦笑)。


広告

Comments







非公開コメント