カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 若木民喜 » 聖結晶アルバトロス » 聖結晶アルバトロスELEMENT1「ボーイ・ミーツ・ガールs」の感想

聖結晶アルバトロスELEMENT1「ボーイ・ミーツ・ガールs」の感想

2005/12/08 07:42 | 若木民喜 聖結晶アルバトロス | コメント(2)

サンデーでは本当に久しぶりに期待できる新連載作品です。

それでは、ヒロイン達がとても魅力的なELEMENT1の感想です。



●作者紹介(まんが家BACKSTAGEより引用)

 作者は大阪出身の若木民喜(わかきたみき)先生。

 30歳を過ぎてようやく初連載することができた苦労人のようです。

 紹介文の中の「数回の逃亡&復帰を経て」という部分に

 作者の苦節の人生がにじみ出ているようで思わず応援したくなります。

 

●BACKSTAGEデビュー

 「ガンバかお菓子」のことしか言わないようです。

 できれば今までの人生のことも書いてください。

 いろいろと面白そうなので。

 ぜひ、まめに更新して欲しいのでリクエストを考えなくちゃ。



●要約すると砕けた力ある石を集める物語

 どこかで・・・そう、犬夜叉もこんな感じのお話でしたね。

 主人公が熱血系なのも同じです。

 ただ、決定的に違うのはヒロイン達がとても魅力的なところです。

 犬夜叉はどちらかというと男性キャラの方に力を入れているので・・・



●もう少し具体的に言うと・・・

 不思議な力を手に入れた熱血系の主人公が成長していくという

 少年誌の王道を突き進んでいきそうな期待作です。

 魅力的なヒロイン達もちゃんといますし、

 個性的なライバル達は・・・後で出てくるハズ。



●忘れてはいけない魅力的なヒロイン達

 とりあえず三人の存在が確認されています。



●まずは、主人公の母・紫原美沙都さん

 とても強くてお美しい上に見た目が若い。

 年齢のことを言われると、本気でキレるタイプと見ました。



●次に、お約束の同級生で幼なじみだと思われる緑川理香

 これから繰り広げられるであろう数々のお約束の展開が楽しみです。



●最後におそらくメインヒロインのアルバトロス姫

 華やかなお姫さま姿も良いのですが、

 ゴミ子・・・もとい、人間の朝倉の時の方が断然良いです。

 地味・メガネ・口下手・不思議少女な所がうまくマッチしていて

 最後のちょっとお色気なシーンで彼女の虜になってしまいました。



●次週もバトルがあるようですが

 主人公とヒロイン達とのドキドキする展開もあって欲しいです。

 いや、きっとあるはずです。信じてますよ、若木先生。


広告

関連記事
「ふぁいとの暁」ですか。

連載していたのは少し前のことなのに

とても懐かしいような感じがします。
[ 2005/12/13 22:37 ] [ 編集 ]
今週のサンデーの表紙を見て、

「あおやぎ孝夫先生、帰ってきたんだ。」

と素で思ってしまいました。

扉絵見て、アレッ?という感じでしたね。
[ 2005/12/09 18:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ