Top Page › ジャンプ(SQ.) › ワールドトリガー › ワールドトリガー TVアニメ第34話「激闘決着!最強の戦い」の感想

ワールドトリガー TVアニメ第34話「激闘決着!最強の戦い」の感想

2015-06-14 (Sun) 13:36

レプリカ先生ーっ!!!!

「勝ち目が薄いからって逃げるわけにはいかない」
まさかあの遊真の口からこんなセリフを聞く日が来るとは…

とにかく今回は修も三輪もレプリカ先生も遊真も熱すぎで、
このアニメでこんなにもゾクゾクしたのはこれがはじめてかも。

冒頭の三輪のナレーションからの本編への入り方といい、
レプリカーっ!!から終盤にかけての盛り上がりっぷりといい、
まさに神回と呼ぶにふさわしい内容だったのではないかと。

いくら他の仲間達の情報提供やサポートがあったにせよ、
たった一人であのハイレイン隊長&ミラさんの最凶コンビを追い詰めた、
三輪の執念の戦いっぷりには感服せずにはいられませんでした。

ガクガクブルブルワープ女ことミラさんが怖すぎる…
しかも原作よりもアニメの方が何倍も怖いんですけど(苦笑)
もし私が修だったら、レプリカ先生があんなことになった後も、正気を保っていられたかどうか…

自律トリオン兵と離れたのは失敗でしたな…って、
ヴィザ翁ってば、何話か前と言ってること違くない!?

他のブラックトリガーに比べると
風刃の適合者は多いということですが、
遊真や修が風刃を使えるのかがちょっと気になります。

今回の大規模侵攻防衛で一番貢献したのは、
三輪でも遊真でも迅さんでもなく、レプリカ先生なんじゃ…!?

広告

Comments






非公開コメント