カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ワールドトリガー » ワールドトリガー TVアニメ第29話「運命の分岐点」の感想

ワールドトリガー TVアニメ第29話「運命の分岐点」の感想

2015/05/10 11:20 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(2)

今回も千佳は可愛かった…修のことを心配する千佳がすごく可愛かった…千佳がマジヒロインでした。

そして千佳を敵の射撃からかばった修がいい仕事していましたね。
頼むぞ修、千佳を守れるのはお前しかいない!

原作にはなかった小南先輩の活躍が描かれていたのは、ちょっと嬉しかったかも。
小南先輩の可憐な戦いっぷりにはゾクゾクさせられっぱなしでした。

アフトクラトルの人型が羽織っているマントがチート過ぎ…
遊真のアンカーもマントで防がれてしまっていたようですし、
人型に攻撃を届かせるには苦労させられそうな予感が…

迅さんはヒュースに対してのらりくらりと交わしながら足止めに徹するようなので、
倒すつもりがない分ちょっと盛り上がりに欠けるかもしれませんね。
それに対して、遊真とヴィザ翁の戦いは、これからが本番といった感じで、
次回以降の盛り上がりに期待したいところです。

もし遊真がヒュースと戦うと言っていたら、
迅さんはどうしていたのか、未来はどうなっていたのか、ちょっと気になりました。

宇佐美先輩と三上歌歩さん。
新旧風間隊オペ子の二人が、どんなやり取りを繰り広げたのか、
ちょっと見てみたかったかも。

ついさっきまでキューブにさせられていたというのに、
復活早々に敵人型…しかもブラックトリガー使いに立ち向かうとは、
諏訪の精神力の強さには驚かされるばかりです。

ワールドトリガーを100倍楽しむ講座。
本編を色々と補足してくれていて、とても参考にはなるのですが、
あのノリにどうしても馴染めないのは私だけ…!?

No title
花月さんのおっしゃるとおりかと。

ワールドトリガーのTVアニメのオリジナルについては、
原作が改悪されて失望することもありますが、
今回の小南先輩のバトルのような、
いい意味での補足?補完?はファンとしても嬉しいところですね。
[ 2015/05/13 00:41 ] [ 編集 ]
No title
ワールドトリガーに限った事じゃないですけど、
原作では活躍が描かれなかったキャラの活躍が描かれたり、
戦ってたものの原作ではメインじゃないので省略されたところを
フォローする形で描かれるのもアニメ化の良さですよね。
[ 2015/05/12 17:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告