Top Page › 進撃の巨人 › 進撃の巨人 悔いなき選択 › 進撃の巨人16巻限定版OVA「悔いなき選択-後編-」を視聴し終えたのですが…感想…

進撃の巨人16巻限定版OVA「悔いなき選択-後編-」を視聴し終えたのですが…感想…

2015-04-09 (Thu) 21:51

本日発売の進撃の巨人最新単行本16巻限定版には、
DVDアニメ「悔いなき選択-後編-」がついてきました。
この作品はARIAという雑誌に連載されていた、
若かりし頃のリヴァイが主人公のスピンオフ漫画がアニメ化されたものです。

前回が予想以上に楽しめたので、今回も期待していたのですが…
話の展開がぶつ切り&早すぎ&改変しすぎでついていけない…
ぶっちゃけ漫画版と比べるとはしょりすぎで総集編を見ているみたいでした。

人間ドラマ…リヴァイとイザベルやファーランの絆もこの作品の見所の一つで、
特に覚醒したリヴァイがファーランを巨人の体内から奪い返すシーンは、
このスピンオフで屈指の盛り上がりどころだったのはずなのになぜ改変したアニメスタッフェ…
それに最後リヴァイが色々しゃべりすぎ…漫画版のリヴァイは語らずとも微妙な表情の変化で心境を物語っていたのに…

そもそもこれ漫画版を知らない人はもっと展開についていけないんじゃ…
っていうか、なんでスピンオフ=悔いなき選択の単行本じゃなくて本編の単行本に付けたんだろうこのOVA…

漫画版はドラマチックで面白かっただけにちょっと残念かもです。
余計な改変をせずに原作通りにやってくれれば…
どうせならTVアニメで1クール13話かけてじっくりやって欲しかったですね…

広告

Comments






非公開コメント