Top Page › orange › orange(by高野苺先生)単行本第4巻の簡単な紹介と感想(ネタバレ有)

orange(by高野苺先生)単行本第4巻の簡単な紹介と感想(ネタバレ有)

2015-02-21 (Sat) 15:59

orange(4) (アクションコミックス(月刊アクション))orange(4) (アクションコミックス(月刊アクション))
(2015/02/20)
高野 苺

商品詳細を見る

先日単行本第4巻が発売された『orange』という漫画が面白いという話を聞き、
試しに1巻と2巻を買って読んでみたら予想以上に面白かったので、
残りの3巻と4巻も買ってきて、先程読み終えたところです。

これまでに読んだことのないタイプの漫画で、
登場人物達の心理描写も繊細かつ丁寧に描かていて、
あっという間にハマってしまいました。

まだ内容を把握しきれていないのですが、簡単に紹介すると、
未来から送られてきた手紙を読んだ少女が他の友達と一緒に、
一人の少年を救おうと…彼が自殺する未来を変えようと奮闘するお話…でいいのかな?

皆がその少年…翔のことを心から心配していて大切思っているのが伝わってきて、
特にリレーで少女…菜穂が翔に皆の気持ちのこもった伝言を伝えたシーンは思わずグッときてしまいました。

須和がいいやつ過ぎて泣けてきます。
っていうか、菜穂達が翔を救おうとすることで、
須和が一番割を食っているにも関わらず、
自分よりも翔と菜穂の仲を応援できる須和がイケメンすぎる…

菜穂と翔が仲良さげにしているところを見た時に、
須和が一瞬だけ見せる複雑な表情がまた何とも言えないのですよ…

菜穂も翔のことだけではなくて、
たまには須和のことも気にしてやって欲しい…
翔を救うことができて、なおかつ菜穂と須和が結婚する未来というのはないのでしょうか…

広告

Comments






非公開コメント