Top Page › ジャンプ(SQ.) › ワールドトリガー › ワールドトリガー 第91話「玉狛第2⑥ 」の感想(ネタバレ有)

ワールドトリガー 第91話「玉狛第2⑥ 」の感想(ネタバレ有)

2015-02-02 (Mon) 00:03

これまでの簡単なあらすじ

 玉狛のB級ランク戦デビュー2戦目、これまで玉狛第2のエースとして獅子奮迅の活躍を見せてきた遊真だったが、ついに諏訪隊に捕まって絶体絶命のピンチに追い詰められてしまう。このままだと遊真がやられてしまう、修隊長だろなんとかしてくれー!!

千佳ちゃん!はい!

 今回も俺の千佳はいい子だった…!千佳が可愛かった…!そして何と言っても千佳が大活躍だった…!

 まさかここでまた千佳の活躍が見られるとは…てっきり少し前に修に言われたとおり、あとはどこかに身を隠して潜んでいて戦闘には参加しないものだとばかり思っていたので…でもだからこそワールドトリガーのバトルは面白いんですけどね…(なんかこれ前も同じこと言ったような気もしますが…)


お約束の破壊力!!

 それにしてもこうして見ると、千佳の大砲の破壊力を改めて思い知らされます。派手で目立ちすぎるので使い道は限定されそうですが、他のスナイパー達にはとても真似できない芸当なだけに、今後の千佳の活躍にも期待したいですね。


千佳ちゃんごめんねぇ~ 大丈夫?こわくなかった?

 それぞれの隊のオペ子さん達がチームメイト達を迎えるときの様子が三者三様だったのが興味深かったです。それにしても宇佐美さんってば千佳に対してちょっと過保護すぎだろうとw


サンキューチカ助かった ………うん!

 自分的にはここの遊真と千佳のやり取りがすごく好きですね。心なしか千佳の表情も以前と比べると自信がついてきたような…?


単にクガって人が強かっただけに見えたんですけど

 この子たしか千佳と同じ13歳なんだよなあ…まあそれはこの際さておくとして。私も黒江ちゃんと同じこと思ったのですが、古寺先輩のわかりやすい説明で納得。どういたしましてって、と思うじゃんの人は隣の古寺先輩に説明役を振っただけで実質何もしていないんじゃw


なるほど…ありがとうございます

 初登場の時は怖い印象がありましたが、こうして見ると年上には礼儀正しく接することのできる普通の女の子っぽい?でもちょっと年の割には落ち着きすぎているところが気になりますが、他の人達の前では本当の自分を見せないだけなのか、ライバルと意識しているっぽい緑川とはどんなやり取りをしているのか気になりますね。


注目の玉狛第二の次の相手は暫定13位那須隊と暫定9位鈴鳴第一です!

 前々から思っていたのですが、鈴鳴第一はナンバー4アタッカーがいる割には順位が…

 でも相手にナンバー4アタッカーがいるということは、これまでのようにそう簡単には遊真無双をさせてもらえないだろうし、修も前に出て戦わなければいけない状況も十分考えられますよね。玉狛第二の真価と同時に修の真価も問われる一戦になりそうな予感が…


広告

Comments






非公開コメント

No title

そういえばヒュースのその後について音沙汰がないので気になっていました。
たしかにヒュース参戦という展開も面白そうですよね。
ちょっとバランスブレイカーになりそうな感じもしますが。
2015-02-04-10:22 いくの(管理人)
[ 返信 * 編集 ]

No.4アタッカー村上のいる鈴鳴第一とはいつか絡んでほしいと思ってたのでこの対戦カードは嬉しいです。
部隊編成が同じでステージ選択権がないという条件でどんなバトルが繰り広げられるのか楽しみです。
次号でなにやら異変が起きるようなのですがもしかしたらヒュースの処遇が決まって玉狛第一のオペ子に参戦するのでは!?
私としては戦闘員として「蝶の盾」で修達の援護してボーダー隊員達にアフトクラトルのトリガー技術と軍事国家の戦士としての矜持を見せつけてほしいです。
2015-02-02-12:25 メグ
[ 返信 ]