カレンダー(月別アーカイブ)

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » アニメ » Fate/stay night [Unlimited Blade Works] #12(第13話)「最後の選択」の感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works] #12(第13話)「最後の選択」の感想

2014/12/28 21:32 | アニメ | コメント(0)

一応今回のお話を5回以上視聴しましたが、
まだちゃんと内容を把握しきれていませんので、
もし見当外れのことを書いてしまっていたらすみません…

まさかのキャスター大勝利だと…!?

前半のデートからは予想もつかない急展開の連続には驚かされっぱなしでした。
特にラスト…黒幕&ラスボスだと思っていた愉悦神父があんな窮地に陥るとは…
(なぜギル様が助けに行かないのかもすごく疑問ではありましたが)

ここに至るまでのキャスターの用意周到ぶりもそうですが、
あそこまで聖杯戦争や関係者達のことを調べ尽くしていたのにもびっくり。

でもこれまでにキャスターを倒すチャンスは何度もあったはずなのに…
もしあの時、アーチャーがキャスターを見逃さずに倒していたら、
もしあの時、凛がアーチャーを家に置いてこなければ、
もしあの時、士郎がきちんと決断できていれば、と思わずにはいられません。
(もう今となっては遅いのかもですが)

今回、士郎は藤ねえとセイバーという究極の二択を突きつけられて、
どちらも救おうとした結果どちらも救いきれない最悪の結末を迎えたわけですが、
(藤ねえはキャスターの呪いで眠り姫状態!?)
もしこの時の士郎がきちんと決断できていたら、
あるいは違う結末を迎えていたかもしれないのにとも。

これがいわゆる選択肢ミスったバッドエンドなのか、
それともここからまだ挽回する方法があるのかが気になります。

ついついキャスター無双ばかりに目が行きがちですが、
前半の凛の寝起きと両手に華デートにはニヤニヤさせてもらいましたw
凛の思わせぶりな態度にドキドキさせられまくりでした。
もう当たり前のように士郎と下の名前で呼んできていましたしね。
セイバーのあの負けず嫌いっぷりとモクモク食べっぷりも可愛かったですw

なんかいつも以上に藤ねえが身体をくっつけてきていたのはドキドキものでした。
藤ねえが士郎のことをどう思っているのかも気になる所です。

コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告