Top Page › 少年(裏)サンデー › 氷球姫 › 氷球姫×常磐木監督の過剰な愛情 第55ピリオド(第55話)「スティックの秘密」の感想(ネタバレ有)

氷球姫×常磐木監督の過剰な愛情 第55ピリオド(第55話)「スティックの秘密」の感想(ネタバレ有)

2014-12-24 (Wed) 00:01

最新単行本第5巻が1月16日(金)頃発売です!!
来週も合併号休みで、次号は1月7日(水)発売となります。

これまでの簡単なあらすじ


 ついに花籠とカンナカムイの試合が始まった。はたして我らが花籠の氷球女子達はカンナカムイの火爪さんを止めることができるのか…

花籠女学園ー(はぁと) ファイーッ!!


 やっぱ花籠のチアガールの女の子達レベル高ぇ。でもカンナカムイ側の応援団も気合入りまくりのようですし、これがすでにもう戦いは始まっているというやつなのか…


引きかえー…相変わらず仮面みたいなポーカーフェイスだねェ…あんたは。


 いきなり火爪さんが気合い入りまくりで、ものすごい迫力を見せていましたね。

 そんな火爪さんに対して我らが紅羽たんはあくまでクールにと、両校とも監督は似た者同士なのに対して、キャプテンは見事なまでに好対照だったわけですが…


やるじゃないか、梅ヶ枝とやら…!! うちの選手を…追い込むとはね!!


 おおっ、フーカが成長してる…!? なんか前よりも格段に頼もしくなっているぞ…!! これはこの試合でのフーカの活躍にも期待できそう…!?


ーあたしがあんたを連れて行く…!一緒に行こうじゃないか…世界の頂までー…!!


 せっかくフーカがいい形で秋鮭さんを止めたというのに、火爪さんにいいようにやられてしまいましたね…

 やはり花籠の誰かが火爪さんを抑えないと勝ち目はなさそうに思えますが、あんなにも熱い想いを乗せてぶつかってこられたら、たとえ紅羽たんでも火爪さんを止めるのはなかなか厳しいような…

広告

Comments






非公開コメント