カレンダー(月別アーカイブ)

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » マギ(大高忍) » マギ 原作(本編、単行本) » マギ 第245夜(第245話)「新たなジンの力」の感想(ネタバレ有)

マギ 第245夜(第245話)「新たなジンの力」の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ


 白龍はジュダルと共に第68迷宮「ベリアル」を攻略し、新たなジンの力を手に入れることに成功する。しかしその過程で、白龍は自分を気にかけてくれていた二人の大切な女性…モルさんや白瑛さんとの決別を決意し、ついに堕転してしまう。

 白龍の目的は、玉艶と紅炎を倒し、煌帝国を取り戻すこと。そのためにまず白龍が最初に打った手は…


本国へ戻る前に、どこか奴らの目の届かぬ場所で、俺たちの力を研ぎすます。


 ベリアル攻略以降、すっかり意気投合した感のあるジュダルと白龍ですが…

 ジュダルが短絡的で無鉄砲なのに対して、白龍は思慮深く慎重に物事を進めようとしていて、ある意味バランスが取れているコンビだと言えなくもないのかな。


うっわ、ヤベー!えげつねぇ金属器だなぁ!「ベリアル」はよぉ!


 どうせ誰も自分の言うことを理解してくれないのであれば、いっそのこと金属器の能力で無理矢理言うことを聞かせてやる…的な?

 まさに白龍自身も言っているように今の白龍にとってはこれ以上ないおあつらえ向きの能力なのではないかと。


故郷に妻と子供がいるんです…!まだ小さいんです…!どうか…どうか、どうかやめっ……


 その言葉を聞いてもなお表情一つ変えずに人体実験を行うとは、白龍は堕ちるところまでとことん堕ちていっているという感じですね。(大聖母の時みたく、ますます多くの人達から恨みを買ってしまいそうな)

 今の白龍が煌帝国の兵士達にやっていることは、(白龍が心底憎んでいる)玉艶率いるアル・サーメンがやってきたことと大して変わらないような気がするのですが、白龍はそのことに気付いているのでしょうか…


にしても「ベリアル」はすごいぜ!他の金属器と同時発動できる金属器なんて見たことねーよ。


 たしかにベリアルの能力もすごいのですが、それ以上にベリアル(&ザガン)の能力のこんな使い方を思いついて実行に移してしまう白龍の方がよっぽど恐ろしいです。


いいから頼む。できないのか? やってやろうじゃねーか!


 この二人ってば、すっかり仲良くなっちゃって…白龍もジュダルの扱い方を心得てきたという感じですしね。


どうするぅ?白龍。


 こいつら本当に悪い表情していやがるw

 白龍が一体どんなえげつない方法で煌帝国の軍隊を撃退するのか、どこまで人として堕ちていってしまうのか、今後の白龍にも注目していきたいですね。
広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告