Top Page › マギ(大高忍) › マギ シンドバッドの冒険 › マギ シンドバッドの冒険 第31夜(平成26年8月6日更新分)の感想(ネタバレ有)

マギ シンドバッドの冒険 第31夜(平成26年8月6日更新分)の感想(ネタバレ有)

2014-08-06 (Wed) 05:14

来週はサンデー本誌と同じく裏サンデーもお休みだそうです。


これまでの簡単なあらすじ


 レームに一人残ったシンドバッドだったが、手持ちの金が少ないうえに、商売のつてがあるわけでもなく、さてこれからどうしたものかと…

金なら払うと言ったのに…騒がしい連中だな


 シンドバッドが助けた男は、どこか浮世離れした感じのする老紳士?ナイスミドル?でしたが…


わしの名は「ハールン」バルバッドの貿易商をしている


 初登場時からそうではないかと言われていましたが、この容姿…「バルバッド」の貿易商…上から目線の偉そうな口調…この時点で正体がほぼ確定したようなものでしたね…


バルバッド王12代国王…我らがラシッド王よ!


 やはりバルバッド王その人でした。そしてバルバッド王を迎えに来た人達も見覚えのあるメンツでしたね。

 それにしてもバルバッド王、単行本第8巻でアリババの前に登場した時と比べると、当たり前ですが若い…


わしは…逃げることしかできなかった…頭で理解していつも足がすくみ立ち止まってしまう…


 バルバッド王…アリババのパパはアリババと見た目が似ているだけではなく、こういうところ(性格とか、国や王についての考え方とか)が、やはり親子だなと…

 でもこのハールンさんの言葉を聞いて、王が国を放ったらかしにして(=その重責から逃げ出して)こんなところで商売にうつつを抜かしていてもいいのかと、若干不安を感じずにもいられませんが…

広告

Comments







非公開コメント