Top Page › ジャンプ(連載終了or休載中) › 黒子のバスケ › 黒子のバスケ 第272Q(272話)「すべてを賭けろ!!」の簡易感想(ネタバレ有)

黒子のバスケ 第272Q(272話)「すべてを賭けろ!!」の簡易感想(ネタバレ有)

2014-08-04 (Mon) 00:02

これまでの簡単なあらすじ


 赤司様に3Pシュートを決められ、残り40秒で8点差に。はたして誠凛の逆転の可能性は…

DF!!全員集中しろ!!止めれば終わりだ!!


 赤司様のこんなに必死な表情ははじめて見たような気がします。


ゾーンに入るのをプレイの瞬間だけに限ることで消耗を抑え~


 ゾーンってそんなことまでできるんですね…もはやゾーンならばなんでもありのような感じになってきたような…


これは陽泉とやった時に見せた…横のロングパス!!


 ダブルチームで火神を封じれば、火神に合わせた誠凛の超速連携も防げるというのが、赤司様の狙い!?

 でもまあ火神に小太郎と黛さんのダブルチームがつけば、当然黒子はフリーになるわけで…それとも黒子のシュートはない(もしくは防げる)と踏んで、パスだけを警戒していたとか!?


うおおお決まった!!火神の3Pー!!4点差ー!!


 そしていよいよ4点差に…それこそレオ姉が使っていたような4点プレイ(3P&ファウル)でもしなければ、誠凛が同点以上に持ち込むためには少なくとも2本シュートを決めなければいけないという…


勝つために冷やせ 性能で劣るPGは頭使ってナンボだろーが!!


 ここで伊月先輩のイーグルスピアーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 この伊月先輩がボールを奪ったシーンに思わずゾクゾクしてしまいましたよ…伊月先輩がクールだけど熱すぎる…


この8秒で…歴史を創る!!


 普通に考えるととても逆転できそうにはない状況ですが、はたして誠凛がどんな奇跡を起こしてくれるのか、次回もすごく楽しみですね。

広告

Comments






非公開コメント