Top Page › ジャンプ(連載終了or休載中) › 黒子のバスケ ›  黒子のバスケ 第271Q(271話)「百年早い」の簡易感想(ネタバレ有)

黒子のバスケ 第271Q(271話)「百年早い」の簡易感想(ネタバレ有)

2014-07-28 (Mon) 00:02

これまでの簡単なあらすじ


 ついに火神はゾーンを超えたゾーンの扉をこじ開ける。そしてまたもや形勢逆転、火神のゾーンに合わせた超速連携で、誠凛の反撃開始となるか…!?

これがあの扉の先…ゾーンを超えたゾーン


 まさかこんなにも早く真の赤司様のこのような表情を見る時が来るとはね…


…チッ やっぱ勝てねーかもしんねーなー オレ一人じゃ


 ツンデレ乙です。まさかあの青峰がこんなこと言う日が来るとは…少し前の「オレに勝てるのはオレだけだ」と言っていた頃からはとても考えられない変わり様ですよ…


…うん そーだね 大ちゃん


 このさつきの嬉しそうな表情…やっぱり青峰のことが好きなのか…


誠凛は強いけど…勝っても負けてももっともっとバスケが好きになる いつかやってみてーな アイツらと


 この様子だと荻原くんはすっかり立ち直ったと思っても良さそうですね。ここで荻原くんも言っているように、黒子(誠凛)と荻原くんの対決はぜひ見てみたいですね。


動き出しが早い!!擬似「天帝の眼(エンペラーアイ)」かよ!!


 黒子の擬似「天帝の眼(エンペラーアイ)」がすごすぎる件について。一時は影の薄さがなくなってどうなることかと思っていましたが、擬似「天帝の眼(エンペラーアイ)」だけでもこの先十分通用するんじゃ…


いいや…勝つのは…オレだ 洛山(王)を討つなど百年早い!


 やはりそれでもなお最後に誠凛の前に立ちはだかるのはこの男…赤司様でしたね。

 赤司様がシュートを決めた時の誠凛の選手達の表情が…残り41秒で7点差とか今の状態だととても逆転できそうには思えませんが、はたしてどうなるのやら…

広告

Comments






非公開コメント

No title

たしかに真の赤司様の勝利への執念は凄まじいものがありますよね。
他者を見下さなくなった分、
真の赤司様の方がより勝利への執念が強いように見えます。
2014-08-03-21:08 いくの
[ 返信 * 編集 ]

No title

ゴールシーンで思いましたが

オレ司さんも追いつめられた時の勝利への執念は
ボク司さんに負けないものがあるんですかね~
2014-07-28-13:35 kivaxtuto
[ 返信 * 編集 ]