Top Page › 大高忍(マギ、オリエント) › マギ本編等 › マギ 第231夜(第231話)「異次元世界へ」の感想(ネタバレ有)

マギ 第231夜(第231話)「異次元世界へ」の感想(ネタバレ有)

2014-07-09 (Wed) 00:01

表紙のアリババがカッコ良すぎぃいっ!!!!
本編での登場も待ち遠しいですね。

大高先生のバックステージによると、来週は22巻特装版付録の宣伝漫画が掲載されるようですね。


これまでの簡単なあらすじ


 ソロモンは激闘の末にダビデを倒し、ついに聖教連との戦いに勝利するも、この戦いで守るべき大切な家族を奪われた皆(=魔導士達)のショックはあまりにも大きく…

魔導士たちは…どうなった!? みんな……………すまなかった。


 ファーラン、イスナーン、ウーゴくん、他にも大切な家族を失った大勢の魔導士達、もう誰もが皆自分のことで手一杯な状況といった様子でしたね。

 そしてソロモン自身もまたダビデとの戦いで深く傷つき、ダビデとのやり取りでわけもわからないことだらけのはず。それでも、一魔導士としてのソロモンではなく、魔導士達の王のソロモン王として、イスナーン達のやりきれない気持ちを受け止め、悲しみに暮れて失意のどん底にある皆を導いていかなければいけないという、今のソロモンが置かれた状況はどれだけ過酷で大変なのかと…


傷が深いの、動いちゃだめよ!魔法でなんとか身体をつなぎとめているのよ!


 もう今となっては、どんな時でもソロモンの側に居て、ソロモンのことを考えて、ソロモンのことを理解しようとして、ソロモンの支えになってあげられるのは、シバ(とアルバも?)くらいしかいないのかもしれませんね。

 そういえばシバのお腹の中の子供はどうなったんだろう?もうテスとセッタがあんなことになってしまったからには、せめてシバの子供だけは無事に産まれてきて欲しいのですが…


まだやることが残ってる!!!俺はそれ(ダビデの目的、蓄えている膨大な魔力)を暴き出し、そしてみんなの手に返したい。


 全てはダビデの思惑通りに事が進んでしまっているように思えて仕方ありません。ソロモンもそれがわかっていながらあえてダビデの思惑に乗っているようですしね。


お会いしとうございました……… 「我らが父」よ……!!!! この世界の創造主。「神(イル・イラー)」!!!


 このセリフどっかで聞いたような…この反応(表情)どっかで見たような…まさか玉艶はシバじゃなくてアルバだった!?

 それになぜアルバだけがこの世界の創造主…神の姿を知っていたのか!?


ダビデ…なんということを。あなた…なんとおいたわしいお姿に。もうあなた様から奪う者はどこにもおりません……!!


 どうやらアルバは、ソロモン達が知らない神のことについても、色々と知っているようですが、それにしても神の姿を見た時のアルバが尋常ではない様子だったのが気になりますね。それこそソロモンが神に何かしようものなら、相手がソロモンであっても○○しかねないような…

 自分的にはルフのことよりもダビデの目的よりも、アルバとは一体何者なのかアルバのことが気になって仕方ないのですよ…

広告

Comments






非公開コメント

No title

たしかにそうなる可能性も考えられますね…
2014-07-13-13:02 いくの
[ 返信 * 編集 ]

まあ容姿や雰囲気やらソロモンを理解してるようでしてない感じから…

まあ、アルバ=玉艶の可能性は十分ありましたからね。
玉艶が使っている杖はシバの物に近いですけど、
アルバを最初に見た時から容姿に玉艶の面影がありましたから。
それにアルバは以前、シバにソロモンが道を踏み外したら自分がとも言ってます。
でも、それはアルバにとって正しいと思える判断で必ずそうとも言い切れないんです。
現に以前、アルバはソロモンの事を理解してるようで理解してないセリフがありました。
完璧な人間などどこにもいない、これは過去編に入る前のマグノシュタット編終盤に
亡きモガメットが言った言葉です。
どんなに完璧にすごい人間でも完璧ではない、ソロモンも完璧じゃないでしょうけど、
それはアルバも同じ、アルバが正しいと思った答えが
自分の考えとは違うソロモンを裏切り、
アルマトランを滅ぼす事が正解だったと考えても不思議じゃないですから。
2014-07-09-01:15 花月(かづき)
[ 返信 * 編集 ]