カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 第23夜②(後編)(平成26年4月2日更新分)の感想(ネタバレ有)

マギ シンドバッドの冒険 第23夜②(後編)(平成26年4月2日更新分)の感想(ネタバレ有)

4月16日、23日は単行本作業のため休載(その代わり23日はおまけ漫画公開)だそうです…

これまでの簡単なあらすじ


 ブァレフォールから課せられた王の力を得るための試練とは、素早く動き回る小動物…ミニフォールちゃんを捕まえること。そのためには仲間同士でも関係なく、皆が我先にミニフォールちゃんを捕まえるべく動いていた。しかしこれがなかなか捕まえそうで捕まえられなくて…


くそっ…!邪魔するな!!……渡さない


 ものの見事に仲間割れして、足を引っ張り合っちゃっていますよね…これだと捕まえられるものも捕まえられない状態ですが…それにあのブァレフォールの楽しそうな表情…まさに思惑通りといった感じで…


よ~し…よーくわかった…追いかけっこはもう終わり。ここからは、俺たち協力しようぜ!!


 もうシンドバッドがこう言った時点で、この中で王にふさわしいのが誰かは、一目瞭然のような気がしますけどね。

 他の誰もが自分の目の前のことしか考えられていない中で、一人だけ全体を見通せる視野の広さと、器の大きさを見せつけていましたからね。


奴の策に乗るなど… でも、これが確実なのは間違いない…


 何だかんだ言いながらも皆がシンドバッドの指示に従っていたのは、シンドバッドの策(話)に説得力があるのはもちろんですが、何よりシンドバッドには敵味方関係無く他人を動かしてしまう何かがある…そう思わずにはいられないんですよね…

 それにしてもドラコーンとヒナホホのリアクションを見ていると、この二人似ているような気がするんですよね。何だかんだ言いながらもシンドバッド(の実力)を認めているところととか、それゆえにシンドバッドのことが気になって仕方ないところとかがね…


つーかまえた!!高い所にのぼっていて正解だったんだな~


 高い所から「じー」と見ているシンドバッドがカッコ良かったですね。

 今回のラストで、まんまとシンドバッドに出し抜かれてしまったドラコーン達がブチ切れ寸前だったのにはちょっと笑ってしまいました。

 もうここまでの展開からして、王にふさわしいのはシンドバッドしかいないと思うのですが…
広告

関連記事
No title
うぐっ、長々と感想を書いていたのを、
一言で簡潔にまとめられてしまいました…

というのは半分冗談だとしてw

今回で食えない男だというのは改めてわかったので、
次回は王にふさわしいところを見せて欲しいですよね…
[ 2014/04/06 14:48 ] [ 編集 ]
シンドバットが食えない男というのは昔からなのが良くわかりますね。
[ 2014/04/02 18:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告