Top Page › マギ(大高忍) › マギ 原作(本編、単行本) › マギ 第219夜(第219話)「ソロモンの正体」の感想(ネタバレ有)

マギ 第219夜(第219話)「ソロモンの正体」の感想(ネタバレ有)

2014-03-26 (Wed) 00:05

今週号はアルマトラン編で活躍中のソロモン王が表紙!
&シンドバッドの冒険アニメ化特集の巻頭カラー回!

TVアニメ2期最終話のあらすじ予告を読む限りだと、
どうやらこのまま原作通りでいきそうな感じですね…


これまでの簡単なあらすじ


 シバは仲良くなった異種族…鱗狼族の子どもが、無残に操られる姿を目の当たりにし、これまで自分がやってきたことの罪深さをはじめて思い知るのだった。しかしソロモンとその仲間達が皆、かつてはシバと同じことをしていた…シバと同じ「神杖」の化身であることが明らかに。そして今回ソロモン率いる神杖使い達と、魔導士正教連の魔導戦艦との、究極の魔法戦が繰り広げられることに…!

無理に肥大させた「第三の目」もいつまで輝かせていられるかな!!?


 そういえば全身魔装したジンの金属器使い達にも、今回のソロモン達の「第三の目」と同じような目の紋様が額にありましたが、これがただの偶然の一致だとはとても思えないのですよ。

 神…大高先生は、今週のまんが家BACKSTAGEで、今までのマギ世界で出てきた謎のものの成り立ちを描く~とおっしゃっていましたので、この先の展開に注目したいですね。


どうした化け物ども、動きがにぶいぞ役立たずめが!!


 っていうか、空を飛べるソロモン達に対して、空を飛べない異種族…鱗狼族達を操って襲わせても、意味が無いような気がするのですが…シバがモモをかばってダメージ負ったことくらいですかね…


モモッ!!!ぐぁ…お願い!!だれか…モモを助けて!!!!


 自分の体を張って異種族の子どもを助けようとするなんて、かつての…初登場の頃のシバだととても考えられない変わりようですよね。あんな死んだ魚のような目をしていたのが、今や年相応の子どもらしい表情をするようになっていますしね。

 そして何より、一生懸命必死になって戦って、モモを守ろうとするシバの姿に、心動かされずにはいられないのですよ…


ワクワクするよ。だから俺は君のことが大好きなんだ! 光栄だね。


 ウーゴくんの構築した魔法理論を、ソロモンが実践して使うという、この二人はこういう関係だったんですね。

 この二人のお互いのことをすごい、大好きだ、と素直に言える関係がなんかいいですよね。っていうか、ストレートすぎて逆に読んでいるこちらがドキドキしてしまいましたが←


すごい、まるで神様みたい。あんな魔法見たことない。世界のしくみを操って何も誰も寄せ付けないなんて…


 とにかくソロモンがすごすぎ…まさにソロモン無双の戦いっぷりでしたね。

 このソロモンが使っている魔法は、7型の力魔法なのでしょうか?

 たとえばアラジンやユナンが、魔法理論さえわかれば、ソロモンと同じ魔法が使える可能性は…あるのでしょうか?


敵の首領はソロモンの父だった!!


 まあこのあたりは予想していたことだったので、あまり驚きはしませんでした。

 それよりもソロモンとウーゴくんのフルネームが明らかになったのですが、ウーゴくんの本当の名前がウラルトゥーゴ・ノイ・ヌエフだったことの方が、驚きでしたよ…てっきりウーゴくんはウーゴくんだとばかり…

広告

Comments







非公開コメント