Top Page › マギ(大高忍) › マギ 原作(本編、単行本) › マギ 第218夜(第218話)「大罪人」の感想(ネタバレ有)

マギ 第218夜(第218話)「大罪人」の感想(ネタバレ有)

2014-03-19 (Wed) 00:02

今度の日曜日のTVアニメマギは午後5時30分からのようですね。


これまでの簡単なあらすじ


 あれだけ異種族を蔑視していたシバだったが、今やすっかり鱗狼族の子供…モモと仲良しの友達に。これまで正教連の教えでしか知らなかった異種族と、こうして実際に触れ合うことで、シバの頑なだった考え方も少しずつ変わり始めているようだった。それはそうと、ソロモン達には何やらここに来た目的があるようなのだけど…

さっすが 育ちが違うのう!


 …って、ちょ、ファーランってば、本当にワヒードにおっぱい揉ましてあげちゃってるし!しかもみんなの前で恥ずかしげもなく堂々と!これはさすがにびっくりしたのですよ…

 そういえばジンの女性達はみんなおっぱい丸出しだったし、アルマトラン世界の貞操観念は一体どうなっているのか、ワヒードとファーランだけが特別なのか、すごく気になって仕方ないのですよ…


そんな顔になるまで必死に想像してるお前のことが…好きになったけど。


 これはヤバい、つい最近イヤな女だと言われた相手に、こんなこと言われてしまったら、そりゃあ大抵の女性は落ちてしまうのではないかと。

 でもアラジンも女性の扱いは上手かったけど、どちらかといえば母性本能をくすぐるタイプで、それに対してソロモンは大人の男性な感じがシンドバッドをほうふつとさせるのですよ…


そうさ、俺たち全員…あの「塔」に力を貸して生き残っちまった…


 この幼い頃のソロモンは、幼い頃のジュダルに似ているような気がしました。そういえば、悪い大人の魔導士達にいいように操られて(使われて)いるという意味では、幼い頃の二人は同じような境遇でしたしね…


友だちできた!モモっていうの!


 つい何話か前までは、とても子どもとは思えない歪んだおぞましい醜悪な何かだったのが、今やすっかり年相応の可愛らしい女の子に…無邪気にはしゃぐ姿には微笑ましさすら感じてしまったのですよ…


本当は…私が…私、言えなかったの…私が私自身のことをすごく嫌いになっちゃったけれど…


 これまでは遠く離れた所から操っていたからわからなかったけど、こうして実際に異種族と触れ合うことで、自分がどんな酷いことを彼らにしてきたのか、気付き始めてしまっているんですね…

 ここ何話かで、シバがすごく人間らしくなってきているのがわかります。こうして他の種族の気持ちを考えられるようになるなんて、すごい変化(成長)だと思うんですよね。

 これはヤバイ、シバのことが段々可愛く思えてきてしまう自分がいます…


だって助け出しちゃったんだから…この世で一番悪いやつを!この私を!!!!なんで助け出したのよ!!??


 シバのようなまだ年端もいかぬ女の子に、ここまで言わせてしまうなんて、と思わずにはいられませんでした。

 でもソロモン達は、シバに気付かせるために、あえて追い詰めるようなことをした?

 これは、シバが改心をして、ソロモン達の仲間になる展開が予想されますが、しかしその後どうして魔導士達がソロモンを裏切ることになるのかがわからないのですよ…

広告

Comments







非公開コメント

シバ「人類を滅ぼして私も死ぬ!」
2014-03-19-12:52 匿名希望
[ 返信 ]