Top Page › 若木民喜 › 神のみぞ知るセカイ › 神のみぞ知るセカイ FLAG260「Paint It Blank」の感想

神のみぞ知るセカイ FLAG260「Paint It Blank」の感想

2014-02-10 (Mon) 15:23

これまでの簡単なあらすじ


 ドクロウは激闘の末にリューネを倒すが、そのために結界を解いてしまったことにより、巨人達にこの場所が見つかってしまう。そして巨人達にあかね丸が壊されていく…はたして桂馬は帰ってこられるのだろうか…あかね丸に向かっていた女神達はどうなってしまうのか…

んくくー くー うー。待ってくださーい!!せっかく買ったんで全部飲みます~ ぷはー


 やっぱエルシィ見ていると可愛さに癒やされますよね。さすが神のみ随一の癒し系マスコットキャラなだけはあります。

 でも今回はエルシィがぐだぐだしていたおかげで、桂馬が未来のドクロウからの通信に気付いたわけで、足を引っ張っているかのように思われるエルシィの行動も実は意外と役に立っていたりして?


おにいちゃんどうしよう…渡航器が…壊されちゃった……おにいちゃんの帰るところ…なくなっちゃうよ…


 どうせまた今回も何とかなるだろうと、桂馬や室長が何とかしてくれるだろうと思っていたので、まさか本当にバッドエンドになってしまうとは予想もしていなかっただけに衝撃が大きかったです。

 しかももうループ回数は残っていなくて、玉も壊れてしまったということは、失敗の原因を突き止めてやり直すこともできないというわけです。

 今の大人の女性のドクロウ…二階堂先生がおにいちゃんおにいちゃんと言っているのはちょっとギャップが可愛いなと思いましたが、今はもうそれどころじゃないか… 


色と形を失った世界に、天理ひとり…次号。


 でも天理が一人だけ残されたということは、天理次第ではまだやり直せる可能性があるということ?

 そもそもなぜ天理なのかがわかりませんが、他の女神持ちの女の子達もこの世界のどこかにいる可能性がないわけではないですしね。

 これから一体どうなっちゃうのか、次回の展開がすごくすごく気になります…


★ トラックバック送信先

ゲーム漬け 様

広告

Comments







非公開コメント