Top Page › ジャンプ(連載終了or休載中) › 黒子のバスケ › 黒子のバスケ 第238Q(238話)「そっくりじゃねぇか」の簡易感想

黒子のバスケ 第238Q(238話)「そっくりじゃねぇか」の簡易感想

2013-11-17 (Sun) 14:50

これまでの簡単なあらすじ


 第1Qは黒子のカゲのうすさが失くなるというアクシデントが発生したにも関わらず、チームが一丸となって戦った結果、なんとか洛山を相手に同点で持ちこたえたのだった。そして再び黒子と水戸部が交代し、第2Qに突入するのだが…

今週の桃井さつきマネージャー


 今週のさつきは(桐皇の)マネージャーとして大活躍でした。しかしたった一人で他チームの選手達のことをあれほどまでに詳細に調べ上げているとは…さつき恐るべし。一体どうやって調べているのか考えるとちょっと怖いかもです…

 それにしてもあれほどまでに調べ上げているのならば、もうとっくに黛千尋さんとどっかの誰かが似ていることに気付いていてもおかしくないと思うのですが、青峰に指摘されてはじめて気付いたようでしたしね。それも黛千尋さんの特性…カゲのうすさのせいで、大して気にもしなかったのかそれとも…

 あとはゴソゴソポンッと出すさつきがコミカルで可愛かったです。個人的には洛山の5番が目立たないというモブ観客の話を横目で聞いている時のさつきがすごく綺麗だと思いました。


今週の女監督達


 今回の決勝戦をよく読んでみると、各校の有力選手や監督達が代わる代わるに解説役を務めているのがわかります。その解説役の中でも役割分担みたいなのがあって、たとえば青峰(&さつき)は同じ選手の立場から火神や黒子達を、雅子ちんは同じ女カントクとしてリコカントクの戦術を、桐皇のカントクは洛山高校の戦い方を、それぞれ分析&解説しているのがとてもわかりやすくて面白いと思いました。

 そして何より雅子ちんの年上の女性の魅力にクラクラしまくりな自分がいました。だがそれでは何も生まないと言った時のあの表情に思わずゾクゾクぅっと。リコ先輩も年上の頼もしさや貫禄が出てきたのですが、やはり雅子ちんには到底及ばないというか…


今週の火神


 火神が黒子のことを元気づけようとしていたけど、火神ってこういうキャラだったっけ…?火神もいい方向に変わってきているということなんですかね…

 でも火神は黒子のことよりも、自分のことを心配しないといけないような気が。ゾーンが解けてからは小太郎に苦戦させられっぱなしですし、小太郎も倒せないようじゃかなり厳しい戦いになりそうな予感が…


今週の黒子


 しかし3分足らずの出番で、それを撮影したビデオを見たところで、解決策など出てくるのでしょうか?今さらカゲのうすさを取り戻すことは難しいような気がしますし…


今週の黛千尋さん


 やはり予想されていたように、黒子の代わり…黒子と同じカゲのうすさを持った選手でしたね。しかも黒子より基本性能が一回り高いという。

 いつも黒子と一緒に戦ってきた誠凛の選手達ならば、黛千尋さんのカゲのうすさ…ミスディレクションもすぐに見破れそうな気もするのですが、やっぱり敵と味方では違うものなんですかね?

 これではたとえ黒子がカゲのうすさを取り戻すことができたとしても、黛千尋さんに勝つことはできない可能性が高いですし、一体どうすればいいのでしょうか…

広告

Comments







非公開コメント

かつての黒子に比べると明らかに目立っていますが、
どうやってカゲをうすくしているのかは気になりますね…
2013-11-23-21:55 いくの
[ 返信 * 編集 ]

黛はゴールを決めようとするも
火神にブロックされるシーンがありましたが
この試合でゴールを決めるのですかねぇ~

黛はレギュラーとして試合に出てる程度の認識はあるようですが
一輝に影を薄くする術を持っているのですかねぇ~
2013-11-17-15:55 kivaxtuto
[ 返信 * 編集 ]