カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » ジャンプ(連載終了or休載中) » 黒子のバスケ » 黒子のバスケ 第232Q(232話)「決勝戦試合開始!!」の簡易感想

黒子のバスケ 第232Q(232話)「決勝戦試合開始!!」の簡易感想

今週号にも載っていましたが、暗殺教室とのコラボキャンペーンが行われるそうです。
個人的にはジャンプBOOKストア!での無料配信(1~5巻まで)が一番嬉しいかも…


これまでの簡単なあらすじ


 ついに誠凛と洛山との決勝戦が始まった。まずジャンプボールは木吉…ではなく火神が行くことに。はたしてジャンプボールを制して、先制点を取るのはどちらのチームになるのか…


今週の桃井さつきマネージャー


 今週のさつきの出番は二コマでした。しかもどちらも似たような構図での驚いているような表情でした。しかし当たり前のように青峰の隣にいて、他のみんなの前でも青峰のことを「大ちゃん」と呼んでいますが、今のさつきと青峰の関係ってどうなっているんだろう…?


黒子と火神はいきなり序盤から飛ばしまくっていましたが…


 それに対戦相手の洛山が対応しきれていないだけではなく、味方である誠凛のチームメイト…日向達もついていけていないように思えました。かなりハイレベルの戦いになることが予想されますが、木吉はともかくとして日向と伊月はついていけるのでしょうか…?


両チームのミスマッチの穴はどうするつもりなんだろう?


 どう考えても小太郎が今の火神を止められるとも思えませんし、伊月は赤司様のマッチアップには役不足だと言わざるを得ません。

 あと黛さん…気が付いたら木吉にスクリーンをかましていましたが、やはり黒子と同じように存在感の薄さを利用して~的な感じなのでしょうか?


序盤からいきなりゾーンに入った火神が大活躍!!


 ジャンプボールやブロック、速攻もすごかったのですが、何よりあの赤司様を棒立ちにさせた必殺技「流星のダンク(メテオジャム)」を決めたシーンが圧巻でしたね。まさに火神無双といった感じでした。

 それにしても火神が熱い、熱すぎる、黒子やみんな…仲間のために戦う意志でゾーンに入るとは、どんだけ熱い主人公なのでしょうか火神は。でも赤司様もこのままやられっぱなしなわけはなく、すぐに火神対策を立ててくると思われますが、それを上回るような火神の活躍に期待したいですね。
広告

関連記事
あるいは黄瀬のように時間切れで、
そこから洛山の逆襲が始まるとか…
[ 2013/10/12 00:09 ] [ 編集 ]
そういえば青峰は一貫して「さつき」って呼んでましたね。

いきなりゾーンに入ったという事は王道ネタで言うと
ゾーン状態が返り討ちに遭うのですかねぇ~
[ 2013/10/06 13:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告