カレンダー(月別アーカイブ)

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » マギ(大高忍) » マギ 原作(本編、単行本) » マギ 第193夜(第193話)「裏切りのマギ」の感想

マギ 第193夜(第193話)「裏切りのマギ」の感想

ついさっき、マギ公式ツイッターで、大高忍先生のサイン会が台湾で行われたことを知りました。
そんなイベントあると知っていたなら俺も台湾行っていたのに…
大高先生の直筆イラスト入りサイン色紙うらやましすぎる…
ぜひ日本でもやってくださいマジお願いします…

最新単行本第18巻とシンドバッドの冒険1巻についてですが、
9月18日(水)頃に同時発売されるそうなので楽しみですね。


これまでの簡単なあらすじ


 アリババと煌帝国の金属器使い達にアラジンも加わって総攻撃を仕掛けるも、依り代はこの世のあらゆる全てのものからルフを奪い、さらに大きく強くなって復活してしまう。もはやアラジンやアリババ達になすすべはないのか、このまま世界はアルサーメンの思い通りに滅ぼされてしまうのか…


勝てるはずだ……「アルマトラン」の時みたいに、今度もきっと…
アルマトランでも同じことが起きたけど、ソロモン王と、ジンになった72人の眷族たちが「依り代」を次々とやっつけたんだ。
今の依り代とは形が全然違ってたけど…なぜだろう?


 えっと、たしか、アラジンはソロモンの知恵で、かつてアルマトランで起きたことを見ているんですよね。そしてアルマトランではソロモン王と眷族達が次々と依り代をやっつけたのを見ていたから、この状況でもまだ希望を捨てていないわけです。でもアリババが疑問に思うように、「眷族」や「ジンになる」などアラジンの言うことはわからないことだらけで、ひょっとしてアラジン自身も何が起きていたのかよくわかっていないのかもしれませんね。ただみんなが力を合わせて戦っても、とても倒せる相手とは思えないのですが…

 今の「依り代」とアルマトランの時の「依り代」の形が違うのは、単なる偶然ではなく何か意味があるような気がします。それこそ玉艶ババアがアルマトランの時の失敗を踏まえて、今度は絶対にやられないようにしているとか。

 ジンになった眷族達って、元々は普通の人間だったんだよね?それがどうやってジンになったんだろう?そもそも眷族って何?眷属器の眷属と言葉が似ているけど…


もはや金属器使い達の攻撃も「依り代」には通じず、一人また一人とやられていく金属器使い達。それとは対照的に「依り代」は周囲のルフを奪いますます大きく強くなっていく


 いやもうこれは、たとえシンドバッドやモルさんやありえないけど白龍やジュダルといった面子が助けに駆けつけて来てくれたとしても、とても勝ち目があるとは思えないのですよ。それほど今の「依り代」とアリババ達人間達の間には圧倒的な力の差があるわけです。そこにはもはや絶望的としか言いようのない光景が繰り広げられていました…


ええ。見ていますよ。そして…「あの子」が…?
そうです。「聖宮」から現れ、「ソロモンの知恵」を手に入れた「マギ」アラジン!


 そしてついにアラジンの存在が玉艶に知られてしまうという最悪の事態に。玉艶ババアがアラジンに対して、どういう行動に出てくるのか、予想もできないだけに怖いです。


私たちの悲願を打ち砕くため、この世界へ送り込んだのですね…
"アルマトラン"ソロモン王の3賢者「マギ」の1人 練 玉艶


 えっと、玉艶が言う「私たちの悲願」とは、この世界に暗黒点を作り、自分達の理想の世界にすることでしたっけ?でもあまりにも漠然とし過ぎていて、玉艶達がこの世界で何をしたいのかがイマイチ見えてこないのですよ…

 玉艶がアルマトランのマギだったことについては、たしかに驚きましたけど、お前一体何年生き続けているんだよ(一応ジンは人外の存在だからという説明ができるけど)とツッコミどころ満載ですが、それよりもあと残りの二人のマギがどうなったかの方が気になります。二人の内の一人はユナンだったりして。

 そしてソロモン王が言っていましたが、玉艶が何を許せなかったのかが、重要な気がしてなりません。あまりこれまでの話を読み込めていないので理解不足ですみませんが、たしかマグノシュタットのモガメット学長と同じ理由だった?それとも他に何か理由が?
広告

関連記事
私も玉艶がマギだったのには驚きました。
彼女がなんでソロモン王を裏切ったのかが気になります。

白瑛と紅玉はどっちもいい人達なので死なないで欲しいです…
[ 2013/08/27 22:06 ] [ 編集 ]
玉艶がマギだったのには驚きました。白瑛や白龍が主人公より魔力が高いのも痛いほどまっすぐなルフをしているのも親がマギなのも関係あるのかもしれませんね。彼女の目的がなんなのか謎ですね。
今週の読んでみると玉艶はアルマトランのマギのもう一人はアラジンを指していたような気がします。アルマトランは紅炎に説明してた今いる世界と別世界の話かなと思います。なのでユナンは違うんじゃないかなと思います。

アリババと紅炎は大丈夫だとして白瑛と紅玉の安否が心配ですね。合併号の冊子から見て退場とかありえそうですね。魔装の剣を描くのがめんどくさい理由で(笑)
[ 2013/08/21 23:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告