Top Page › 若木民喜 › 神のみぞ知るセカイ › 神のみぞ知るセカイ FLAG239「NOT TO BE」の感想

神のみぞ知るセカイ FLAG239「NOT TO BE」の感想

2013-08-20 (Tue) 20:49

TVアニメ女神篇の最新話では、歩美とベッドインのシーンをやったようですね。
女神篇の中でもある意味一番の盛り上がりどころ…アニメで見るのが楽しみです。


これまでの簡単なあらすじ


 桂馬と香織さんがキスしているのを見たうえに、香織さんから桂馬は自分のことなんて好きじゃないと言われてしまい、天理はショックを受けて逃げ出してしまう。そのことに少なからず動揺した桂馬は攻略をやめると言い出して…

今週のエルシィ


 あいかわらず桂馬の予想外の言動に振り回されっぱなしなエルシィですが…桂馬の言動をイチイチ真に受けてしまうところが可愛いなと思いました。それとなく知らせとけって、全然それとなくじゃないところが、またエルシィらしくていいですよね。しかしエルシィは桂馬のこと「にーさまはすごいなあ、なんでもわかってるんだ……」と思っていたけど、それに対してエルシィは桂馬のこと全然わかっていないようにも思えましたが…


ロリ歩美&ロリちひろ登場!!


 歩美はトップテンに入っていたので登場するかもと思っていたのですが、まさかちひろも一緒に登場するとは完全に嬉しい誤算でした。二人共明るく元気ないい意味で年相応の女の子っぽくて可愛いなと思いました。特にロリ歩美は笑顔が可愛くて、日焼けした肌と白いワンピース姿と日焼け跡の白い部分のコントラストが破壊力抜群でした。俺もロリ歩美とかけっこしてぇ(←おい)。二人は桂馬を女の子だと思い込んでいるから、この時の出会いはノーカウント…なのかな?


イヤだよ…もう…先に進むのはイヤだ…


 しかしここの部分の印刷が悪すぎて、思わず閉口してしまいました。

 よりにもよってこのタイミングで桂馬は女神篇での歩美とちひろを攻略していた時のことを思い出してしまうわけです。いくらかのんをはじめとして女神達を助けるためとはいえ、歩美とちひろに対して随分と酷いことをしてしまった、特に女神持ちでもないのに自分に好意を抱いてくれていたちひろに対しては、彼女の気持ちを弄んで振り回した挙句に、これでもかと酷い振り方をして傷つけてしまった。

 そのことを桂馬はずっと気にしていた…というよりもトラウマとなってしまっていたのでしょうね。自分は誰のことも好きじゃないから、誰の気持ちに応えることもできない、それは天理に対しても同じで、ちひろと同じく天理のことも傷つけてしまうかもしれない。そして先に進めば進むほどもっと多くの女の子達を傷つけてしまうことになる。今の桂馬はそれに耐えられなくなったのかもしれませんね…


桂馬くん……どこいくの!?


 今の桂馬を救うのはやはり天理しかいない!?もしかすると桂馬のことを一番よく理解しているのは、今も昔も桂馬のことをずっと見てきていた天理なのかもしれませんね。はたして天理の言葉は桂馬に届くのか!?今回の桂馬は前回とは違ってマジモードでしたが、それすら演技だとしたら恐ろしいですが…


★トラックバック送信先

ゲーム漬け 様

広告

Comments






非公開コメント

歩美とちひろの小学校時代のエピソードに興味があります。

桂馬にとってはやらされている感が強いのですが、
せめて何のために攻略をしているのかが見えてくれば、
違うのかもしれませんね…
2013-08-25-12:47 いくの
[ 返信 * 編集 ]

歩美とちひろは幼少期からの付き合いだったんですね。

ここで桂馬が立ち止まったら
余計に多くの人が不幸になる訳ですが
女神編以上に罪を背負う覚悟が必要ですね。
2013-08-20-22:02 kivaxtuto
[ 返信 * 編集 ]