カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ジャンプ その他 » 週刊少年ジャンプ2013年37・38合併号の簡単な感想

週刊少年ジャンプ2013年37・38合併号の簡単な感想

2013/08/11 21:42 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

今週号が合併号ということで、
来週はジャンプお休み(その代わりNEXT!が発売)で、
次号は再来週の8月26日(月)に発売されるようですね。

今週号の目玉は何と言っても、
食戟のソーマの漫画担当のtosh…佐伯俊先生が描かれた
全ヒロイン水着グラビアビッグポスターでしょう。

みんなエロ漫画に出てきてもおかしくないような可愛さエロさで興奮しまくりでした。
まあ中にはあまりにも可愛すぎてこれ誰?と思えるヒロインも数名いましたが。
(っていうか、ワールドトリガーのヒロインって木虎藍さんだったのね。てっきり千佳ちゃんかこなみ先輩だとばかり)

ここ最近のジャンプの新連載では、
まず読切でメインヒロインを一人出しておいて、
連載版でもう一人ヒロインを追加するという作品が多いような気がします。

ひめドル!!もその例に漏れず…と言った感じだったのですが、
少年漫画ではお馴染みの三角関係展開で盛り上げてくれるのか注目したいところです。
現時点ではどっちのヒロインもイマイチ魅力が弱いかな…

食戟のソーマはあっちこっちにフラグ立てすぎです(苦笑)
すっかり忘れかけられていた幼馴染ヒロインが再登場したのはいいのですが、
田所ちゃんとキャラかぶっているんだけど、はたしてどう差別化してくるのか?
個人的には四ページ二コマ目の物憂げな顔にグッと惹かれました。

にくみはジャンプLIVE番外編?の部活中の格好が、どう見ても誘っているとしか思えないエロさでした。
でもソーマから電話かかってきた時の、嬉しいんだけど素直になれないところが、自分的にはツボな可愛さでした。
もうこのままにくみでも倉瀬さんでも誰でもいいからえっちしちゃえよ←

それにしてもNARUTOは最終決戦に入ってからが随分と長いような気がします。
これあと終わるまでに一体何年かかるんですかね?
味方も敵も強くなりすぎて、一体何がすごいのかがよくわからなくなってきました…

暗殺教室は特別夏期講習という名の沖縄旅行に行くことになったようですが、
夏休み中はこの夏期講習期間以外は殺せんせーの暗殺はどうなっちゃうんだろう?

(マイミクさんもおっしゃっていましたが)クロクロクはなんとなくぬら孫と似ているような気がしますね。
これでもう少しキャラに魅力、ストーリーに深みが出てくれば、面白くなりそうなのですが…

ジャコはようやくヒロインが登場しました。
とりあえずこのヒロインに期待です。

ハイキュー!!清水先輩が年上の知的で優しくてキレイなお姉さんという感じなのがすごいいいなあ。
ちょっとタイプは違うけど、田中冴子さんのようなワイルドな感じのお姉さんもいいですなあ。
新マネージャー?の女の子はどんな子なのかがまだわからないので評価は保留。

ワールドトリガーはキャラや設定や世界観はすごく自分好みなのですが、
もう少しバトルに迫力を、ストーリーをテンポ良く進めれば、もっと良くなると思うんですけどね。
特にここ最近は登場人物達の話(説明)を延々と聞かされ続けているような気がします…
広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告