Top Page › 若木民喜 › 神のみぞ知るセカイ › 神のみぞ知るセカイ FLAG238「Smiles and Villans」の感想

神のみぞ知るセカイ FLAG238「Smiles and Villans」の感想

2013-08-06 (Tue) 20:18

9月に最新単行本第23巻と公式ガイドブックが同時発売されるそうです。
そういえば神のみのガイドブックははじめて?すごい楽しみですね。


これまでの簡単なあらすじ


 桂馬は香織さんと二人っきりで体育館の奥へと入っていってからなかなか帰って来ない。そんなわけで、天理は桂馬が帰りが遅いのが気になって、桂馬を探しに行ってみると、なんと桂馬と香織さんがち、ち、ちゅーしている場面に出くわしてしまったではありませんか!はたしてこれは桂馬の攻略!?それとも香織さんの策略!?しかし桂馬が女装しているせいか、年下の女の子と年上の女の子が女の子同士キスしているようにしか見えないのですよ…

今週のエルシィ


「ちがいますよー天理さんはずーと前から、にーさまが好き!!」
「でもだって2人で色々あんなことしたんですよ。好きになってもいいと思いますけど!」

 桂馬は全然全くこれっぽっちも気付いていませんでしたが、エルシィはとっくに天理の気持ちに気付いていましたね。まあ傍から見れば、天理が桂馬のことを好きなのは一目瞭然(香織さんもすぐ気付いていましたし)ですから、やはり桂馬が鈍感すぎるのでしょうね。エルシィが言うように、天理はずーと前から桂馬のことを好きなのか、それとも最近色々あったから好きになったのかは、意見が分かれるところですが。

 桂馬にムキになって否定されて、じゃー違いますとあたふたして言ったエルシィが可愛かったです。そんで天理の気持ちに気付けるあたり、やはりエルシィも女の子なんだなと思いましたね。しかしたとえ羽衣で他の子達からは姿が見えないとはいえ、こうして大勢の人の目のあるところで、桂馬とエルシィは話していて大丈夫なのかと、少し心配にもなります。


一度目のキスは香織さんから、そして二度目のキスは桂馬から


 桂馬も香織さんも二人共、お互い自分が主導権を握ろうとしていて、腹の探り合いをしている、キスもその手段でしかないといった感じでしたね。それにしても自分からキスしたときは調子良かったのに、同じキスでも桂馬にされた時のあのリアクション、やはり香織さんは自分のペースで物事が進まないとダメなようですね。

 天理にキスを見られたこの状況を、桂馬と天理を仲違いさせるために、まんまと香織さんに利用されてしまったわけです。それにしても、時と状況に応じて、色々な自分を使い分けることができてしまう、香織さんが恐ろしすぎです。でも香織さんにあんたなんか好きになる人いるわけないブスとか罵られたら、どM的には逆にゾクゾクしてしまいますが。


すっかりショックを受けてしまった天理は、桂馬から逃げ出して箱の中に閉じこもっちゃった。そこで桂馬は天理の誤解を解いて元気付けるのかと思いきや


 ここであの球が光り始めたことから、ここが桂馬がどのような選択肢を取るかで、正しい未来に行けるかどうかがかかっているわけです。あと一つしか四角が残っていないので、もう一度たりとも間違えられないと思われますが。

 それにしても天理が箱に入っている姿が妙に似合い過ぎというかハマり過ぎで可愛いです。でもすごいショックを受けていて可哀想でもありますが。そんでもって桂馬は天理をフォローするかと思いきや、誰のことも好きじゃないどうしてこんなこと続けなきゃいけないもう攻略はやめたとまで言っちゃって、このままじゃ未来を救うことはできないけどいいの?それとも桂馬には何か別の方法が?はたまたこれらの言動は香織さんを欺くためのウソ!?


★トラックバック送信先i

ゲーム漬け 様

広告

Comments







非公開コメント