カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » ジャンプ(連載終了or休載中) » 黒子のバスケ » 黒子のバスケ 第221Q(221話)「テツヤ」の簡易感想

黒子のバスケ 第221Q(221話)「テツヤ」の簡易感想

今週の黒バス通信ではアニメのメインビジュアルと主題歌アーティストが紹介されましたね。
しかしアニメは原作とは少し顔の描かれ方が違うような気が、特に黄瀬の目つきが別人…


これまでの簡単なあらすじ


 コー…新監督は青峰自身のために青峰に厳しく接する…と思いきや、逆に試合で勝ちさえすれば練習には来なくてもいいなどと言ってしまう。この監督のセリフがチームにも悪影響を与え、紫原までもが練習出たくないと言い始める。いやそれどころか今まで素直に従っていた赤司にまで反旗を翻したからさあ大変。赤司様と紫原が一触即発の状態に…


今週の桃井さつきマネージャー


 キセキの世代の面々が自分のやりたいようにやり始めて、それに振り回されるさつきは気苦労が絶えなさそうで大変だなあと思いました。最近のさつきは不安そうな心配そうな表情ばかりで、黒子ラブな笑顔のさつきが見られないのが残念です。そういえば一つ気になったことがあるのですが、覚醒後の赤司様はさつきのことも下の名前で呼ぶようになったのでしょうか…?


今回のトビラ絵はキセキの世代のリレー


 これもぜひ本編で見てみたかったですね。っていうか、キセキの世代の部活動以外の学園生活のシーンを、本編でもやればいいのに、それで少しくらい現在編再開が先延ばしになっても、文句言う人はいないと思うんですけどね…


紫原「オレより弱い人の言うことは聞くのやだって」 赤司「一対一 5本先取だ 少しお灸をすえてやる」


 これまで自分の言うことに従ってきた紫原が、急に反旗を翻した上にこんな舐めきったことを言ってきたら、そりゃあ赤司様が怒るのも無理ないですよね。でも赤司様がめっちゃ怒っているのにも関わらず、紫原はまるで気にしていない様子。それにこの頃の赤司様は怒ったら何をしてくるかわからない不気味さはまだありませんでしたしね…


そんな…こんなことって…完全に紫原が圧倒してる…!!今ので4-0…赤司が追い詰められた!?


 まさかここまで一方的に赤司様がやられるとは思いもよりませんでしたね。黄瀬の指摘にもあったとおり、覚醒後の紫原は元々の高さとパワーに加えてスピードを正確さをも兼ね備えており、あの赤司様が手も足も出ないほどの圧倒的な強さでしたね。でも正直赤司様が負けるところなんて想像できないし、負ける姿を見たくもないのですが…


赤司征十郎が負ける…?そんなことあってはならない…!!この世は勝利がすべてだ 勝者は全てが肯定され敗者は全てが否定される


 もうこのままでは負けてしまうというところまで追い詰められたところで、ついに赤司様も覚醒をされて、その後は紫原を全く寄せ付けずに見事な逆転勝利を収められました。が、はたしてこれも覚醒したと言えるのでしょうか?まるで覚醒前とは違う人間になったかのような豹変っぷり…明らかに他のキセキの世代の覚醒とは様子が違っているような気がします。


すべてに勝つ僕はすべて正しい あまり僕を怒らせるな僕に逆らう奴は親でも殺すぞ


 ここで赤司様の名ゼリフキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!その言葉通り、自分に逆らうものは親であっても本気で殺しかねないよこの人、ガクガクブルブル恐ろしい、でもこれこそが私たちのよく知る赤司様なんですね。なんせついさっきまで赤司様を舐めきって散々調子こいていた紫原が、以前のように言うことを聞くようになっていましたからね。


いやその話はもういい 好きにするといい 試合に勝ちさえすれば 緑間・黄瀬についても同様だ 今の一対一でわかったんだよ 僕達のレベルではもはやムリに足なみをそろえようとする方がムダだ むしろ合わせない方が効率がいい 「キセキの世代(僕達)」にとってチームプレイは邪魔なものでしかない


 これまではキャプテンの赤司様が統率していたからこそ、強すぎる能力と個性を持つキセキの世代もかろうじてチームとしてまとまっていたのに、その赤司様がこんなことを言い出すとは、帝光バスケ部がどうなっていってしまうのか不安で仕方ありません。それに何よりチームプレイの否定は黒子の存在意義をも否定する事にもなり、この先、帝光バスケ部に黒子の居場所はあるのでしょうか…


知ってる顔、知らない呼び方、知らない瞳…この男も赤司征十郎なのか!!/


 赤司様の覚醒前とは大きく変わったところといえば、一人称がオレから僕に、チームメイトの呼び方が苗字から下の名前に、そして瞳の色が左右非対称のオッドアイになったということです。やはり赤司様は二重人格で、今の赤司様はもう一人の人格が表に出てきてしまっているのでしょうか?もう部内にはまともなのは黄瀬・緑間・さつき位しかいないし、本当どうなっちゃうんでしょうね…
広告

関連記事
黒子の退部の理由とその時のチームの状況にもよると思います。
主要メンバーの中でも黄瀬・緑間・さつき辺りはまともですが、
赤司様や青峰がどんな反応をするのか考えるだけでも怖いです。

紫原がどうするのかは私も気になります。
[ 2013/07/14 21:31 ] [ 編集 ]
黒子が退部する際の周囲の反応も気になりますね。

紫原は今後、練習はどうするのですかねぇ~
(この状況で出なかったら屈辱じゃないですかね~)
[ 2013/07/11 22:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告