カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

トップページ » マギ(大高忍) » マギ 原作(本編、単行本) » マギ 第187夜(第187話)「大集結」の感想

マギ 第187夜(第187話)「大集結」の感想

白龍ェ…

先週まで本編と一緒に掲載されていた外伝シンドバッドの冒険は、
9月の単行本第1巻発売と合わせて、裏サンデーで連載再開するみたいですね。


これまでの簡単なあらすじ


 ついにこの世界でも暗黒点が開かれてしまった。このままだとこの世界もアラジンが元いた世界「アルマトラン」と同じ滅びの道を歩んでしまうことに。それを阻止するためには、煌帝国の人達とも力を合わせて戦わなければいけない。そこでアラジンは練紅炎に協力してもらうため、自分がマギだと証明すべく、ここにいる金属器使い達全員のジンを実体化することに…


みんな簡単に重要な秘密をしゃべりすぎ


「レラージュ!それは禁忌だ。「別の世界」の存在すら、こちらの人間達は知るべきではない。」
いや、そう言うあんたが思いきり言っちゃってるし、こことは「別の世界」が存在していることを。

「「ソロモンのうつし身」たるあなた様がいてもです。」
これで、ソロモン王のことと、アラジンがソロモン王のうつし身であること、がわかっちゃいましたね。

「いいんですか「マギ」よ。こちらの人間にペラペラしゃべっては、ソロモン王の作った「運命」の正常な流れが…っっ」
いやいや、むしろペラペラしゃべってるのはあなた達ジンの方だしw
そのせいで練紅炎にも話さざるを得なくなったんじゃんかよw

「我が軍では伝令を遠隔透視魔法で飛ばしています。」
そして練紅覇の部下の女の人も軍事機密簡単にしゃべりすぎなのにワロタw
でもそれはつまりアラジンやアリババ達を味方…仲間だと認めて(信頼して)いるからなのでしょうね。


ついさっきまでボンヤリしていたのに、急に生き生きとギラギラしてきて


 練紅炎が人が変わりすぎなのにワロタwこれまでは何をやるにも顔色一つ変えなかったのに、別の世界の話を聞いた途端、急に表情に変化が現れ始めたのは面白かったです。それにしても練紅炎の目的はてっきり世界征服だとばかり思っていたのですが、世界征服は単なる手段に過ぎず本当の目的はこの世の謎を解き明かすこと…だったようですね、彼の口ぶりからするに。これまでのイメージとは違ってよっぽど人間らしくて面白いなとも思いました。


世界の滅びを阻止するためには、空に空いた暗黒点と呼ばれる穴を塞がなければいけない。そのためにアラジン達がすべきことは、暗黒点から「黒の神(イル・イラー)」を引き降ろす力点となる「依り代」を破壊すればいい


 つまりここにいる皆が力を合わせて、その「依り代」とやらを壊せばいい、とそういうことなんですね。しかしそれをアル・サーメンが黙って見ているとも思えません。玉艶率いるアル・サーメンとの全面戦争に突入するのは避けられないと思われます。しかしアラジン達にはこの場にいる面子以外にも頼もしい仲間たちがいたんですね…


魔装ダンダリオン・練紅明
魔装パイモン・練白瑛
魔装アシュタロス・練紅炎
魔装レラージュ・練紅覇
魔装アモン・アリババ
魔装ヴィネア・練紅玉


 煌帝国全ての金属器使い達が一同に集結…すごいすごすぎる、これは否が応でも盛り上がらざるを得ませんね。練白瑛さんの全身魔装なんかもうおっぱいがおっぱいでおっぱいですよ。練紅炎の全身魔装は見るからに強そうで、他の金属器使い達が弱く見えてしまいます。でもなんか一人足りないような、練紅炎の呼びかけにも応えない奴がいるような気がするけど、まさか、ね…
広告

関連記事
>通りすがりさん

ご指摘頂きありがとうございます。

先ほどそのブログの該当記事を確認し、
ブログを運営しているヤフーに通報しました。
[ 2013/10/25 20:58 ] [ 編集 ]
コメントが盗用されてます
ここのコメント内容が盗用されてるみたいです。
ttp://blogs.yahoo.co.jp/sakurai2013_0701

↑頭にhをいれて下さい(リンク化するとリンクパワーが流れるため)
[ 2013/10/25 20:17 ] [ 編集 ]
大高先生のバックステージを読むと、
マグノシュタット編は佳境に突入していて、
残り話数もあとわずかといったところのようですしね。

最終決戦ですか…
個人的には30巻位までは続いてほしいと思うのですが、
だらだら続くよりはテンポ良く話を進めていった方がいいのかもしれませんね…
[ 2013/07/08 00:14 ] [ 編集 ]
原作にも白瑛の全身魔装でてきましたね。
若干装飾品に違えど大まかデザインは大差ないみたいです。

確かに白龍は気になりますね。好きなキャラですけど嫌な予感しか…
もう1つ気になるのはジュダル、今回の戦い参戦するのなら
アルサーメンに付くのかお気に入りの紅炎側につくのか?
場合によってはジュダルが味方となる可能性もありますし。

もしこのまま最終決戦入るならシンドリア組と今どういう決断をしてるのか
まだわかってないモルジアナはどう動くか気になります。
[ 2013/07/04 16:03 ] [ 編集 ]
マギ展開早いですね。
休載前に、アラジンがもう世界の成り立ちを説明してしまったから、もう読者は知ってるんですけどね。
レームの突然のマグノシュタットへの開戦と、ここでの煌帝国側との同盟の理由は強引ですね。
アルサーメンを倒して、練紅覇とシンドバットが同盟を結べば、マギの話としては一応落ち着きます。
「進撃の巨人」、「エヴァンゲリオン」、「ワンピース」「名探偵コナン」など、本質的な秘密は読者に明かさず引っ張ります。「進撃の巨人」で今、全部の秘密が明かされれば、読者は覚めてしまうでしょう。
ところがマギではアラジンが秘密をほぼ語ってしまいました。これは作者が早く最終回を迎えたいという意思表示なのかも知れませんね。
白龍は暗黒面(?)に落ちて敵側になってそうですね。
[ 2013/07/03 12:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント: 100話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント10巻:8月17日頃発売 NEW!
作者
大高忍の手書きブログ:2020年6月27日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月2日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告