Top Page › ジャンプ(連載終了or休載中) › 黒子のバスケ › 黒子のバスケ 第216Q(216話)「…ワリィ」の簡易感想

黒子のバスケ 第216Q(216話)「…ワリィ」の簡易感想

2013-06-08 (Sat) 21:59

秋開始のTVアニメ2期が楽しみですが、
今週号では特に情報がありませんでした…


これまでの簡単なあらすじ


 帝光中は危なげなく全中予選リーグを全勝1位通過を決める。そして決勝トーナメント1回戦では、青峰のライバルの井上がいる上崎中と対決することに…

今週の桃井さつきマネージャー


 さつきは幼なじみの青峰のことを「青峰君」と呼んでいるのに、黒子のことは「テツ君」と下の名前で呼んでいるんですね。このあたりが幼なじみと好きな男の子との違いなのかな。もう黒子のことを好きなのを、青峰や他のメンバーにも隠す気がないところが、いい意味でさつきらしいなと思いました。

 しかし今回は青峰も黒子もさつきに心配ばかりかけて、特に青峰はさつきの言葉なんか聞く様子もなく、こいつらちょっとさつきのことをぞんざいに扱い過ぎじゃないかとさえ思えてきてしまうのですよ。青峰や黒子の気持ちもわかるのですが、もうちょっとこう自分達のことを気にかけてくれる女の子=さつきのことを考えてあげようよ。


本気を出した青峰が井上を圧倒…し過ぎて、すっかりやる気の無くした井上を見て、青峰のモチベーションがだだ下がりに


 自分と互角に戦えるライバルなんて存在しない現実を知ってしまった青峰には黒子の言葉も届かず、バスケの何が楽しいのかもわからなくなってしまった。青峰はバスケが大好きなんだけど才能がありすぎるがゆえに絶望的な心境に陥ってしまったわけですね。これから青峰がどのようにやさぐれていってしまうのか、それを間近で見ているしかできないさつきの心境を考えると辛いですね。


青峰よりも黒子の方がよっぽど深刻


 たとえなげやりでもきちんと結果を残している青峰に対して、黒子の方は精彩を欠くプレイで活躍できていないですからね。もしこのまま活躍できないまま全中が終わってしまったら、また二軍(三軍)に降格させられてしまう可能性も十分あるわけですよ。でも黒子が帝光中バスケ部を退部したのは、三年の全中のある出来事がきっかけらしいので、少なくともあと一年は部に残ることになるのかな?


決勝戦の対戦相手の双子がなんとも不気味ですね。


 黒子の友達の荻原のいる中学に勝った相手のようですし、あなどれない相手であることは間違いないでしょう。次回予告で帝光は思わぬ形で苦境に追い込まれる~って、一体この双子はどんなプレイをするのか気になります。緑間が言った「赤司は二人いる」という言葉とこの双子が何か関係してきたりもするのでしょうか?

広告

Comments







非公開コメント

双子がどんなバスケをするかでしょうね。
普通に上手いのかそれとも双子ならではの何かがあるのか。
青峰のだだ下がったテンションを上げられるのかどうか…
2013-06-10-21:09 いくの
[ 返信 * 編集 ]

この双子はかなりの実力者の様ですが
青峰の情熱が戻らなかったのは
青峰がそれ以上だったのか
それとも絶望しか感じられない相手だったのか
2013-06-09-02:50 kivaxtuto
[ 返信 * 編集 ]